【査定有り】建築施工管理の仕事は給料が高い?平均給料・年収を大公開

今回は建築施工管理技士の給与、平均月収、年収にについてお伝えします。建築施工管理技士の仕事は、私たちの生活インフラを構築する上で欠かせない職業です。そして今後さらに需要が高まる仕事です。

しかし、建築施工管理の給料や仕事内容についてはあまり知る機会がないです。なぜなら縁故採用が一般的になってしまっているから比較することが少ないためです。そこで今回は、建築施工管理技士の年齢別や、エリア別の平均給料や年収、仕事内容まで詳しくご紹介していきたいと思います。

あなたの年収の適正検査をしたい場合は、下記よりご相談ください。

建築施工管理技士の平均的な給与(月収)

建築施工管理技師の給与1

建築施工管理技士の平均給与は38.5万円程度とされています。DODAの給与調査しらべによると。

これは思ったより高いと思われた方も、案外少ないなと思われた方もいるかとおもいますが、2級建築施工管理技士から1級建築施工管理技士にあがれば年収もあがりますし、東京で働くのか、大阪で働くのかによっても変わりますので悲観的な数値ではないでしょう。

復興需要の高い東北エリアや、今回地震で大ダメージを受けた大阪、北海道でも需要と供給ギャップから高収入求人が集まっています。

日本国内の年齢別平均年収

年齢 給与平均 平均賞与 平均年収
~19歳 19.1万円 11.9万円 241.1万円
20~24歳 22.8万円 35.3万円 308.9万円
25~29歳 27.0万円 64.3万円 388.3万円
30~34歳 30.8万円 78.5万円 448.1万円
35~39歳 33.6万円 89.9万円 493.1万円
40~44歳 36.2万円 102.7万円 537.1万円
45~49歳 38.8万円 118.6万円 584.2万円
50~54歳 40.1万円 125.3万円 606.5万円
55~59歳 38.7万円 116.4万円 580.8万円
60~64歳 28.6万円 59.8万円 403.0万円
65~69歳 26.7万円 33.2万円 353.6万円
70歳~ 26.2万円 26.8万円 341.2万円
全平均 30.7万円 71.8万円 440.4万円

施工管理の年収、給与、賞与どれをみても日本国内における平均年収よりは高いといえるでしょう。そして専門性のスキルが高いので、どんどん年収があがっていくのが施工管理のいい点ともいえますね。

転職会議の案件

このグラフから見てわかる通り、平均年収は世の中のデータとずれがありませんが、施工管理さんの最高と最低の年収格差が大きいことがみてとれれると思います。このことからも求職者側の情報格差が大きく、適切な会社で働けていない可能性があることがわかります。

建築施工管理技士の平均年収

建築施工管理技士の平均年収は 462万とDUDAの調査ででています。今後もオリンピックや、福島や北海道、九州での地震や災害で需要は高まってきているものの建築施工管理技士の人数が増えているわけではないので、需要と供給のギャップから年収は高まる傾向にあります。

実際に建築業界は全体の業界の中でも、サービス業、運送業に続きTOP3に入るほどの人材難な業界のため継続して企業側も年収をあげていかないと、採用が難しい状況があるのです。

ただし先述させていただいた年収も会社の勤続年数や、地方なのか都会なのかなどによっても影響しますので、一概に言うことはできません。

更には、建築施工管理技士の中でも1000万以上の年収の方もいるので、”建築施工管理技士=年収が低い”と言うことは難しいでしょう。

年収が高ければいいというわけではなく、年収が高ければ、責任も増えますので、年収が低い方でも、あまり負担のない職場で楽しく仕事ができているケースが散見されているので、定着率は高いです。

建築施工管理技士と他業界の年収を比較したら?

建築施工管理技士の給与比較

建築施工管理技士の年収は462万円に対して、他業界の平均は総務省の賃金調査を元に比較すると、全体で440万程度というデータが出ています。額面上の金額ではありますが、全体よりは建築施工管理技士はいいポジションにあるということがわかります。

更にあくまで建築施工管理技士の平均比較になっているので、1級の資格保有者になると求人票の平均月収が60万をこえてくるので、シンプルな計算で年収になおすと720万となってきます。

そのため、建築施工管理技士として建築業界ではたらくのであれば、1級建築施工管理技士の取得はお徳なのです!

平均給与額 平均賞与額 平均年収額
~19歳 19.1万円 11.9万円 241.1万円
20~24歳 22.8万円 35.3万円 308.9万円
25~29歳 27.0万円 64.3万円 388.3万円
30~34歳 30.8万円 78.5万円 448.1万円
35~39歳 33.6万円 89.9万円 493.1万円
40~44歳 36.2万円 102.7万円 537.1万円
45~49歳 38.8万円 118.6万円 584.2万円
50~54歳 40.1万円 125.3万円 606.5万円
55~59歳 38.7万円 116.4万円 580.8万円
60~64歳 28.6万円 59.8万円 403.0万円
65~69歳 26.7万円 33.2万円 353.6万円
70歳~ 26.2万円 26.8万円 341.2万円
全平均 30.7万円 71.8万円 440.4万円

建築施工管理技士の仕事内容

建築施工管理技師の給与

建築現場の管理や、建築現場でのスケジュールを管理したり、4大管理といわれている原価管理、工程管理、品質管理、安全管理を行なっていきます。それでは実際に建築施工管理技士さんの実際の年収ケースを見ていきましょう。

建築施工管理技士の求人例1:株式会社大林組

横浜の事例
・年収1200万/ 東京都/ 男性/ 50代
・1級施工管理
大林組は東京都港区にある大手建設会社です。働き方改革の影響で残業時間が削減されていることが口コミサイトでは挙げられています。そのため残業代で稼いでいたかが、その分を稼げなくなるのが懸念との声もあがっているくらい会社として社員の働き方に向き合っている事例です。

それでも1000万前後を稼ぐ方が少なくなく、働きやすい環境と言えるでしょう。

建築施工管理技士の求人例2

東京都の求人
1510万円/40代後半(固定月給25万円(固定残業手当含む)+高率歩合給1210…
1260万円/30代後半(固定月給25万円(固定残業手当含む)+高率歩合給960…
820万円/30代後半(固定月給25万円(固定残業手当含む)+高率歩合給520万…

建築施工管理技士の求人例3

大阪府の求人
500万円/25歳 プロジェクトサポート 経験3年/月給26万円+諸手当
650万円/35歳 プロジェクトサポート 経験10年/月給29万円+諸手当
1000万円/45歳 プロジェクトサポート 経験20年/月給45万円+諸手当

施工管理で1000万以上の給与を得るには?

施工管理として1000万以上の求人を探すと、大手求人広告サイトだけでも33件あります。しかしんながら建築業界は大手の求人広告サイトではなく、専門の人材紹介会社が案件をもっているケースが多くあります。

そのため、一度各会社に問い合わせて、どの程度案件があるかを確認するのが良いでしょう。

建築施工管理技士の給与は公務員か民間、都市圏か地方でも変わる

先ほどおみせさせていただいた求人案件からもわかると思いますが、建築施工管理技士の給与は条件によって大きく変わってきます。基本的には人件費がもともと高い東京といった都心は高給与になる傾向があります。

民間と公務員でも差がありますが、公務員の場合は自治体の給与表に基づいているので、あなたがはたらく自治体の給与条件をみてみましょう。

しかしながら何度もお伝えしている通り、地震や災害によって需要と供給にギャップが生じると、宮城をはじめとする東北エリアでの給与高騰がみられたり、関西で大型台風で関空にも欠損が生じましたが、ニーズによって変動はみられます。

日本国内のエリア別平均年収

エリア 平均給与額 平均賞与額 平均年収額
北海道 29.2万円 66.5万円 417.2万円
東北 27.3万円 61.5万円 389.3万円
関東 34.4万円 91.3万円 504.6万円
中部 31.0万円 83.2万円 455.7万円
近畿 33.0万円 87.5万円 484.0万円
中国・四国 29.1万円 74.1万円 424.0万円
九州 27.6万円 64.1万円 395.6万円
沖縄 25.3万円 45.8万円 349.8万円

エリアごとの年収を見ていきましょう。やはり都内での年収は高いですね。しかしながら北海道はエリアの地価の安さを考えるとコスパのいいエリアにも見えてきますね。

年収の高い施工管理建築施工管理の仕事につくためには

建築施工管理技師になるために

もしあなたが平均の平均年収の462万より安いのであれば、もっと高い給与を得られる可能性が高いです。今の職場もいい職場かもしれませんが、安く買い叩かれている可能性があります。市場にでてみると給与は高くなっていることもあるので、一度転職サービス等をつかって客観的に自分の価値を測ってみてもいいかもしれません。

人材紹介エージェントを使って転職する

多くの方が自身の会社以外のことをしらないのが現状です。しかしながら人材紹介エージェントさんは、多くの会社の事を知っているため、年収条件のいい会社、求職者から評判のいい会社などを知っています。そういった転職のプロに相談することで後悔のなく、年収アップを見込んだ転職をすることができるのです。

退職交渉をして年収をあげてもらう

どこの会社も施工管理を求めているため、年収

あなたの施工管理としての給与が安いなら?

今回は建築施工管理技士として働く場合の待遇についてお伝えさせていただきました。

世の中では建築施工管理技士はブルーカラーですし、労働仕事として敬遠されることもありますが、人々のインフラを築く大事なお仕事です。1級建築施工管理技士になれば年収800万もみえ、高給与も期待できます。会社からも求められているため定着率も高く、おすすめです!

転職する際はその点を意識してみましょう!もしあなたの給与が少しでも安いな、環境似合わないなと思うのであれば、下記から無料の相談を行なっておりますのでぜひご活用ください。

 

年収UPさせる!施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!施工管理/現場監督のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「サービス残業が辛い。。」
「休みがない/連勤が辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の施工管理人口は減少傾向にあるので、施工管理として転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は施工管理のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の施工管理求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

施工管理/現場監督の無料求人サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です