建築施工管理で転職したいと思ったら読むべき、ホワイト転職3選!

建築施工管理として「転職したい」と思うことはよくあることです。「きつい」「しんどい」「激務」「地獄」といった表現をされることがあるように、厳しい側面もあります。しかしながらその反面、平均年収は一般業界よりも高くいい点もあります。ブラックな会社ばかりではなく、ホワイトな会社もあるのです。

今回は実際に建築施工管理技師として転職をされ年収アップに成功された3名の方の体験談をインタビューさせていただきました。

1人目は施工管理士として70万の年収アップに成功された吉池さん。2人目は、建築施工管理技師として株式会社KURASUに転職された東さん。3人目は人間関係がきっかけで転職年収100万近くアップした魚沼さんの体験談です。

現年収や、今の環境に不満が少しでもあれば、下記からあなたにぴったりの転職求人案件を無料でお探しください。

建築施工管理技師の転職体験①

建築施工管理技師として転職を、松本組からオカトクへ転職された吉池さんの体験談です!年収は350万から420万へと年収アップに成功されました。

転職を決めたのは以前の職場に一年半ほど勤めた、20歳頃のことです。原因は上司とのトラブルでした面接を受けた回数は10回程度になります。同じ土木関係会社や、資材を取り扱う会社商社も面接を受けました給与は以前貰っていた額より年間で70万ほど上がりました

以前より転職前の会社には給与と業務に差異を感じていたため交渉をいたしました就職活動中はバイトと実家の仕事を手伝い生活をつなぎましたとても苦しい期間で安定した生活(いままでの生活)どれだけ大切でまた難しい物かをおもいしりました

転職活動を通して転職する者に対する風は厳しく、しかし早く自分にあった仕事に出会えるかが重要だと感じましたとにかくはご飯を食べるために働く自分の夢の実現のために働く家族のために働くなにをするにも仕事は大切でありました人間関係に直結することから自分自身の人間力を高めることがとても重要だと感じました現在ではなんのトラブルもなく楽しく仕事をしていますこれからは同じような問題に直面しているかたの助けに少しでもなるようまた自分を助けてくださった方々のようになれるよう努力を続けたいと思います

転職の方法は?

リクナビパソナキャリアtype転職エージェントサイト内で検索をかけても結局はその会社の内部がどのようになっているかわからなかったですサイト内の情報が見にくく感じました利用した理由はパソコンや携帯にてサイトを検索して目についたので利用したことと知人よりの情報でサイトを知ることが出来たためです。

実際に面接を受けたあとは働いている友達がいないか、周りにきいてみて実態をしるように心がけました。実際に前職がブラックすぎるほどの激務でしたので、しっかりと内容を社員に確認することは大事だと思いました。

転職する際に選んだポイント!

末端の職員から上司及び経営陣までの風通しがよく一人一人の人格やコミュニケーションに理解があることを重視しました。他にも、給料や賞与に関してこちらの考えまたは仕事内容と合致して納得のいくものであることや、休日や有給の取り方などがこちらの要望に出来るだけ添えるような体制が確保されているかどうか

住んでいる場所から容易に通える位置に本社があるかどうかも重要ですね工事を受注するにあたって自分がしたい内容に当てはまるかどうか会社の方針が自分の考えと大きく相違ないかどうかを重視しましたが、面接だけでは真実かどうか把握しきれませんでした。

転職のきっかけは?

もともとより人間関係にて問題を抱えていたので転職しました気の合う仲間に恵まれず苦痛の方が多かったのでうつになり病院に通うことになりましたそれがきっかけで前職をやめることを決意しました。うつ病なんて簡単に診断でるから大丈夫だろ。と言われることもありました。

このように人を人と思わない職場では働き続けるのは無理だと実感し、こころの中のなにかが壊れました。私が甘いのかもしれませんが、もう頑張れないと思いました。

建築施工管理技師としての業務内容は?

時間 建築施工管理技師の仕事内容
6:00-7:00 現場巡回および周辺地域の見回り異変がないかどうか
7:00-8:00 本日の作業予定の確認下請け業者との朝礼前の微調整
8:00-8:30 朝礼KY活動ミーティングツール周知会
8:30-9:30 現場内巡回各所技術指導
9:30-10:00 行政及び地域との連絡調整必要な場合
10:00-12:00 施工管理写真管理出来形管理品質管理技術指導資材管理(販売業者への連絡及び荷受け)
12:00-13:00  昼休憩打ち合わせ
13:00-15:00 施工管理写真管理出来形管理品質管理技術指導資材管理(販売業者への連絡及び荷受け)。
15:00-17:00 施工管理写真管理出来形管理品質管理技術指導資材管理(販売業者への連絡及び荷受け)
17:00-18:00 現場内巡回及び周辺地域の見回り出入口の施錠
18:00-20:00
本日の作業進捗確認出来高確認施工図の作成施工管理写真管理出来形管理品質管理資材管理(販売業者への段取り)。
20:00-21:00 本日のまとめ明日への準備最終確認終業
21:00-22:00 残業
建築施工管理の転職まとめ
1. 求人サイトには土日休みと書いてあるけどほとんど実態は異なっている。
2. 実際に働いている社員の口コミをとるべし。vokersでみてみるといい。
3.うつ病になっても年収アップで、再転職は可能!

建築施工管理の転職体験談②

建築施工管理技師の給与

建築施工管理技師として、石橋ホーム資材株式会社から、株式会社KURASUに転職された東さんの体験談です。年収は430万から550万にアップしました。

転職を考え出して3か月後には転職してましたもともとは設計の仕事をしてましたが現場管理ができる工務店にうつりました年齢は32歳でした株式会社KURASUしか面接はうけてませんというのも28歳くらいのときに一度履歴書は送っておりその時は不採用でしたが二回目の挑戦で履歴書を送ってみたら面接を行ってもらえてその場でほぼ採用が決まりました

給与はあがりましたし株式会社KURASUに入ってからもどんどんあがりました転職してよかったですまわりから聞く話よりも私の転職活動は割りと簡単に事が進んでいったため仕事との両立について大変なことはありませんでした

転職するにあたりまずはもともといた会社に辞める事を伝えるのが一番難しかったですというのも私の夫がもともと建築業界で働いておらず私の仕事を見て建築の仕事をしたいといいだし石橋ホーム資材に入社させてもらっていたという経緯がありました

そのときは建築のことをなにも知らない30歳が転職してうまくいくものかどうか上司に相談して上司がまず私の夫と面談し私のいる会社にすぐ転職を促してくれましたそのことについては大変感謝してますがやはり自分が働いている会社に夫を入社させるのはまれな事例だと思います

同じ部署で働くわけではなかったですがやはり周りの目がきになりましたそこで現場を知りたいと思ってもいたし夫がこの会社にいるならばわたしは他の会社に行こうと思ったのも転職のきっかけのひとつになったと思います一緒に同じ会社で働いたのは半年間くらいだと思います

なのでそう思い出してから転職を実行するまではとても早かったですもともといた会社は社員が40人くらいの会社でした夫のことを引っ張ってくれた上司にまず意思を伝えそのつぎに社長にもお礼と辞める意思を伝え引き留めてくれた事がとても嬉しかったですが辞めると決めたからには一歩も引かずに話し合いました

今でもその会社には大変感謝してますし夫は今でもその会社にお世話になっています自分の夫がいるためわたしも円満退社しないといけませんし辞めた後もまったく繋がりがなくなるわけではないため会長が亡くなったときのお葬式に参加したり年賀状をだしたり縁はきれないようにしています

前の会社を辞めた次の日からは新しい会社に出勤しました有給などは利用してません働くことが大好きでしたしスキルアップのために時間をロスしたくないという理由もありました転職してから聞いてなかったなと思ったのは事務所に犬が二匹いたことです

女社長で独身のため犬を飼っているようでしたそして仕事中はずっと犬をつれてくるんだそうです吠える声と犬のにおいがちょっと辛いなとは思いましたが結果的には良い転職になったと感じていますその会社も3年半勤め今はフリーになりました

転職する際に利用した求人媒体やエージェントとは?

まずは、A-workerで探して直接会社ホームページを確認しましたそれ以外にはエンやマイナビ転職もみましたこのサイトにのっている募集数はあまり多くはないですが今までも使っていたサイトだったので安心感がありました
建築に特化したサイトはあるようであまりないという印象がありますとくにわたしのように小さい会社を探す場合はメジャーな転職サイトだとあまり数がてないためA-workerを利用しました内容事態は他のサイトとそんなには変わりはないと思いますが設計事務所の仕事などはメジャーな転職サイトにはのってませんなので建築系の仕事をしたい人はこのサイトをみることが多いと思います

転職のきっかけは?

もともと設計を行っていましたがやはり現場を知らないとわからない内容も多く現場の経験をつんだほうが自分のスキルアップになると思い転職を考えましたまた設計の仕事は考える仕事なので終わりがなく給料も値しないような気がしていたのでそのことが転職のあとおしになりました

転職先を選んだポイントは?

まずは通える地域で給料アップがねらえることですもともと木造住宅をつくりたいと思っていたので木造住宅をメインで施工している工務店が良いと思いましたまた大きな会社ではなくアットホーム感を感じられるよう多くても社員が10人くらいの会社を探しました
例えばそのくらいの人数だと社員同士が仲良くてお客さんをまじえてのイベントや社員や職人さん同士でのイベントがあるのでは思ったからですやはり仕事をするにもやりがいと同時に楽しみもほしかったのでその点も重要視しました

1日の仕事の流れは?

1日の流れ 建築施工管理技師の仕事内容
9:0012:00 現場業務清掃
13:0017:00 施工図作成チェック
17:0020:00  数量ひろい発注業務


(具体的な業務内容)
図面通りに現場で施工がされているか確認。工程表通りに進んでいるか確認。近隣に迷惑をかけていないか清掃はいきとどいているか確認。職人さんからの質問に答えます。

(施工図作成チェック)
現場では寸法が必要なので職人さんが困らないように図面を作成。設計士が作成した図面がその通り施工しても良いかどうか確認し、スケジュールなど押していたらどうすれば良いか検討します。

(数量ひろい発注業務)
日中は電話が多くかかってくるため電話が少なくなる時間帯に発注業務を行っています。まずは必要なものの数量をひろう他の現場に余ってるものがあり使えるのであればそれも含めて数量確認。頼む問屋はひとつではないためどこに何を頼むと安くすむのか見積りを確認しながら発注します。

建築施工管理の転職まとめ
1. 辞める際の前職との交渉が大変である。
2. a-wokerは建築施工管理の案件としては豊富に掲載されている。
3. 状況にもよるが小さい会社はやりがいを感じやすい。

建築施工管理技師の転職体験③

転職活動自体は21歳の時にしました前職での上司同士の挟みあいに耐えかねて退職しました建築施工管理技師としての面接を受けたのは現在の職場の1社のみです給与はあまり変わっていませんが少し増えました仕事内容は大きく変わり残業もありませんし休みも前職より多いです

退職してから給付金をもらいながら転職活動をしましたので転職活動に打ち込めました希望としては再就職先も建築業界でしたですがやはり建築業界への再就職をするなら建築士二級以上は必須ですね

どこの求人票を見ても必ずといっていいほど建築士二級以上の文字を見ることになります資格が必要ないところは建築業界ではわりと評判が悪いところが多くよっぽど人が来ないのでしょう

転職をやり直すとしたら雇用保険については前もって知っておくべきです雇用保険の期間によって失業手当の受給がかわりますので転職活動にかけられる時間の猶予が変わります猶予があれば再就職先も念入りに選べるので自身の雇用保険の状態は再確認しておきたいところです

親身にしてくださった上司も利用していた職業野力開発促進センター通称ポリテクセンターを勧めてくださったのでそちらをわたしも利用しました基本的には再就職を目標としておりその再就職のために必要な専門知識を深める施設です

わたしは専門学校で建築を専攻しそれに携わる仕事をしたかったので建築のコースに入校しましたそちらで半年間に渡って建築の座学やPCを使ってCADの操作の仕方また施設内で小さい家屋をグループで建て土台からクロスを貼るところまでを実際に体験しました

専門学校では座学やCADの操作は学んでも実際現場ではそれらよりももっと工具の名称だったりビスやテープの名称使う個所なんかの知識が必要で困惑したのでそれらの知識は学んでから現場に入れたらもう少し楽だっただろうなと受講しながら思いました

その点においては建築業界への再就職を目指すにあたってとてもいい施設だったと思います希望としてはまた建築業界へ再就職をしたかったのですがやはり建築業界は資格が必須ですどこの求人票を見ても建築士二級以上を求めています

建築士が必要ない建築業は社内の人間関係が最悪なことで有名な会社ばかりです前職の上司やいろいろな工務店にいく業者の方々が口を揃えて悪く言う企業ばかりでした再就職してもまた人間関係で辞めることになれば時間も職歴も無駄になるので他の工務店にも行くことのある業者の方々に評判を聞いてみるのも大事なことかと思います

稀にですが指導して育ててくれるいい会社もないわけではないようなので業界の評判を情報収集するのは念入りにした方がいいでしょう仕事内容よりも人間関係が悪いと続けるのも億劫になることがよくわかりました興味のある仕事内容をできれば選びたいものですが生活もかかっておりますから職場の人間関係はやはりとても大切ですね

転職を決めてからの期間は?

前職を離職してから1ヵ月ほどでポリテクセンターへ入校しました。そちらに通いながら再就職先の内定をとり、卒業と共に就職しました。なので8ヶ月ほどです。

転職する際に参考にしたサイトや、人材紹介エージェントは?

建築施工管理技師としての転職には、ハローワークの求人から選びました親身にしてくれた前職の上司がハローワークでやっている職業野力開発促進センター通称ポリテクセンターを自身も入校したことがありとても役に立ったことから勧めてくれたので雇用保険にも入っていましたし建築についてもっと学を深められると思いそちらをわたしも利用しました
そこで毎日ハローワークの求人やセンターにだけくる求人なんかもあったのでそれを見ていました再就職が目標のセンターなのですが就職支援をする教員の質の悪さが不満でした就職支援のセンターのはずなのにあまりそこに力をいれてくれてはおらず自分の力だけでやることのほうが多かったように思います
講座内容についてはとてもよかったです座学は専門学校で学んでから来たのでかいつまんでいるなと思いましたが実務で役に立つようなCADの操作のやり方や工具の使い方などいろいろな世代の生徒がいましたが楽しくみんなで学ぶことができました

建築施工管理技師の転職のきっかけは?

社長と会長の営業の人たちは建築の学校を卒業したわけでも建築の資格を持っているわけでもない親から受け継いだだけの人たちでしたそのため現場については全くのド素人でわたしも新人ですが建築の専門学校を卒業して新卒として入社したので彼らよりは現場の知識がありました
ですが現場ではまだわからないことばかりで工務部の上司が教育係として指導してくれたのですが一年は自分の業務風景をみてそこから学ぶようにと言われ業務のこなし方を学んでいました
ですがその会社自体新卒をとるのは初めてだったらしく営業の社長と会長にはすぐさま1人立ちするように迫られ工務部の部長に頭が上がらない彼らは部長にはいかずわたしに直接くるので彼らの間に挟まる毎日で精神的に苦痛でしたそれが建築施工管理技師の転職のきっかけです。

建築施工管理技師としての会社選びのポイントは?

前職の失敗から社長で選びました前職の社長は建築について全くのド素人で会社内だけでなく業者の中でも建築についてわからないと有名だったようなので今度はしっかりその道について知識を深めている人についていこうと決めました
前職では仕事内容はとても興味深く毎日仕事だけ見れば楽しかったのですが上についていけず毎日嫌な思いをしていましたので仕事内容は3割くらい社長の人柄7割くらいで現在の職場を選びました

建築施工管理技師の業務内容は?

その日の現場状況や今までに会社で建てた新築のお客様からクレームなど突然仕事が入ったり毎日仕事の流れは変わります

1日の流れ 建築施工管理技師の業務内容
8:00-12*00 出社午前中の間に現場で必要な材料の発注急ぎの事務作業等を済ませます終わり次第現場へ
12:00-13:00 昼休み
13:00-17:00
現場巡りその時にやっている現場を回り業者の方々と打合せをしたり大工を通さなくても自分でできるような簡単な作業をしたりしますまた廃棄物を全てコンテナに入れるよりも木材は木材石膏ボード類は石膏ボード類金属は金属分けて指定の機関へ自分で持っていくことでコンテナを取り替える頻度を減らすことで手間はかかりますが経費が節約になるので分別して持って行ったりします他には施主との打合せに同席したりします
18:00- 定時は17:00でしたが新人でわからないことばかりだったので上司からの指導は現場が終わってから会社に戻ってから受けます午前中にできなかったものや急ぎでない事務作業を教わりながら行います

 

建築施工管理の転職まとめ
1.建築施工管理2級は最低限必須。なくても入社後取得の必要あり。
2.ハローワークは資格の取得まで支援金がでたりする。
3.しかし転職のサポートはプロのエージェントを活用したほうがいい。

最後に

建築施工管理技師の転職にもいろいろなケースがありますが、ご自身のプライベートと、やりたいことを考えて選ぶことが重要です。ハローワークや、一般の人材紹介エージェントや、転職サイトでは選択肢が絞られてしまうこともあるので、広く会社を見て相談をしてみましょう。

下記から無料であなたにぴったりの条件の求人をみつけることができるので、少しでも不満を抱えていたら、ぜひ検索して見てください。

あなたの人生を豊かにするはずの仕事で悩んでしまうのはとてももったいなく、今後10年、20年の人生に影響しますので慎重に考えてみましょう。

年収UPさせる!施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!施工管理/現場監督のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「サービス残業が辛い。。」
「休みがない/連勤が辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の施工管理人口は減少傾向にあるので、施工管理として転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は施工管理のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の施工管理求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

施工管理/現場監督の無料求人サイト


年収UPさせる!土木/建築業界のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!土木/建築業界のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」「サービス残業が辛い。。」「休みがない/連勤が辛い。。」などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の土木/建築業界の需要は増加傾向にあるので、土木/建築業界に転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は土木/建築業界のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の電気工事士求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方・入社後に後悔したくない方は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

土木/建築業界の無料求人サイト

9 件のコメント

  • 仕事の流れなども良くわかり参考になりました。相談窓口から履歴書、職務経歴書の書き方の相談も載っていただき、作成も手伝っていただいたのでとても助かりました。面接は得意ではないので、非常にありがたかったです。ありがとうございます。

  • 悩んでいたらすぐに行動。相談した方が情報を知りすぎていて私の人生を導いている感じが少し怖さもありましたが、転職サイトを上手く利用して自分にあった働き方ができると実感しました!特に自分の働いている会社以外の事をしらなかったので、とても助かりました。

  • 行動あるのみ!転職って逃げとかマイナスのイメージばかりだったけど、年収も上がって人間関係も良くなるパターンだってある!
    迷ってたけど転職に向けての勇気が出ました!

  • 転職の際、気をつけるポイントが、具体的なコメントから知ることができて大変参考になりました!
    実際就職相談も親身に乗っていただきましたので、友達にも紹介したいと思います!
    ありがとうございました!

  • 建築施工管理技師の仕事内容、年収など、とてもわかりやすかったです。実際にせこかんラボに、無料相談させていただいて1ヶ月で素敵な転職をすることができました。これまで企業の情報をなかなか自分で知りうることができなかったので、相談できて本当によかったです!親身担っていただいてありがとうございます。

  • 仕事を探して転職するまでに時間がかかると思いました。普段日曜日しか休みがないので、転職しようと思っても寝たいという気持ちにいつも負けてしまいます。相当嫌なことがあったり、もう会社に行かなくてもいいやとならないと。そこまで転職する余力がないです。

  • これまで日曜日しか休みとれず、さらにはその日曜日でさえ休めないこともありましたが、せこかんジョブの佐藤さんに相談に乗っていただき、1ヶ月足らずで次の転職をみつけることできました。なかなか休みもとれず転職活動を長期ですることはできなかったので、助かりました。

  • 相談にのっていただきありがとうございました。担当してくださった石川さんには感謝しかありません。おかげさまで年収も120万アップし、家族にいい暮らしを提供できそうです。

  • 具体的にどうやって転職先を選んだのか、という点とどのような変化があったのかという点がわかりやすく書いてあり、大変参考になりました。
    実際転職をまだ経験したことがないため、このような記事を読ませていただき、なおかつせこかんラボの方にご相談させていただいたことで、転職についての知見が少しは溜まったのかな、と感じております。
    まだ面接前ではありますが、この調子で不明点などを積極的に相談させていただきたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です