年収600万から900万へ、建築施工管理の転職成功の秘訣とは?

年収600万から900万へ年収アップした、建築施工管理の転職成功の秘訣についてお伝えしたいと思います。そう語るのは木根さん。今回は実際に年収600万から900万に年収アップに成功している木根さんのなまなましい話をお伺いさせていただきました。

木根さんは、建築施工管理としての転職を成功するには、多くの会社を知ることだという。

建築施工管理の転職の秘訣は?

Lab鈴木
木根さん本日はよろしくお願いします。木根さんの転職の秘訣や当時の状況について本日は色々とお伺いさせてください。
木根さん
わかりました。よろしくお願いします。正直大したことはしていないと思うのですが、ご容赦ください。
Lab鈴木
転職の成功は会社をしることだとおっしゃっていましたが、どういうことでしょうか?
木根さん
そのままの意味なのですが、ほとんどの方が知人経由や適当に調べて転職をしています。そのための会社と仕事を探されている方との間の情報格差が大きいと思っています。私はしっかりしらべて好条件なところを探しました。
Lab鈴木
なるほど。たしかに知人経由でそのまま仲のいい職人さんのところに転職したという話はよくききますね。
木根さん
そうです。人材紹介エージェントさんを使えば、自分の知らない情報を教えてくれたりするので助かります。どこも人が足りていないので、建築施工管理が立場としては強いですからね。あとは、相手に今までの実績や、資格、スキルを、評価していただき納得の金額 を頂くことになった。やはり正当な評価を受けるには上の人間へのアピールがとても重要と分かりました。
転職成功のために
1.知人経由だけの就職にしないこと。
2.人材紹介エージェントさんから情報を聞き出すこと。
3.相手方の偉い人に実績を納得させること。

建築施工管理の転職理由

Lab鈴木
そもそもなんですが、建築施工管理として転職されようとしていたのは、どうしてだったんですか?
木根さん
私の転職前の年収は、600万程度でした。週休1日で年収500万から600万だなんて納得いかないと正直おもっていました。なんでこんなに働いて年収600万しかもらえないのかと思っていました。私は、当時32歳で、20代後半辺りから何となく自分のスキルと給料の差を強く感じるようになり、転職を考え始めていました。ある日知り合いに紹介されて経営者セミナーを受ける機会があって、社長の話を聞くきっかけがあり、こういった熱意ある会社の社長の下で働きたいと転職にいたりました。やはりトップができる人間について行きたい気持ちが強い。
Lab鈴木
なるほど。熱意ある会社のもとで働きたいですし、スキルは適正に評価されたいですよね。
木根さん
はい、私自身もっと上を目指したくなったこともあります。年功序列に嫌気がさしました。年功序列なので、いくら努力して仕事をこなしても、資格を保有していても関係なく評価されなかったです。日曜日しか休みが取れず毎日酷使しているが納得のいく給料がもらえなかったのはつらかったですね。
建築施工管理転職理由
1.給与がやすいこと
2.年功序列でスキルをあげにくい環境だった
3.熱意をもって働きたい

建築施工管理の転職先の選び方

Lab鈴木
年収をあげることも重要だったとおっしゃっていましたが、実際に転職先の選び方としてどのように選ばれましたか?
木根さん
年収も大事でしたが、家族との時間を作れる職場かどうかは重要でした。そのため転勤のある大手にはいくつもりはありませんでした。
Lab鈴木
家族との時間を大切にされていて素敵ですね。なかなか休みが取れず家族と時間をつくれないし、建築施工管理をやめようか迷っているという相談もあります。
木根さん
そうでしょうね。私も同じように考えてた時期もありましたが、私自身建築施工管理という仕事は大好きでやめられませんでした。誇りをもって働けるこの仕事で、スキルを生かして輝きたいと思ったのです。
Lab鈴木
とてもかっこいいです!そういった働き方についても会社さんと話されてきめたのですね。
建築施工管理の転職優先順位
1. 給与がスキルを考慮してもらえているか。
2. 家族との時間を持てる環境下どうか。(※転勤のない環境かどうか)
3. 社長は熱意をもって働いているか。

建築施工管理の転職で大変だったこと

Lab鈴木
建築施工管理の転職で大変だったことはありますか?
木根さん
現場との調整ですね。現場に穴をあけるわけにもいかず、業者さんにわるいのでなかなか休みをとれないのが現実です。早朝から夜遅くまで仕事、しかも日曜日しか休みが無かったので、ハローワークにも行く余裕もありません。現場中に転職先を見つけて面接受けるだなんて考えられないところだと思います。ちょうど現場の終わりだったので動きやすかったです。
Lab鈴木
タイミングがよかったということですね。
木根さん
途中段階だったら自分にも余裕がなく転職には至らなかったと強く思います。
転職をするなら
1. 現場が終わるタイミング
2. 休暇を取れるタイミング(※なかなかとれないのが現実)

建築施工管理の転職を通じての学び

Lab鈴木
今回の建築施工管理としての転職活動を通じて何か学びというか、おもったことはありますか?
木根さん
会社にとても評価されていた事が分かりました。そんなに評価してくれていたのなら給料に反映してくれていれば転職はしなかったのに、と何度か悩みました。でもこういう状況にならないと適性評価をしてくれない会社だったことと、次の会社の社長の熱意に押されて転職したのですが笑
Lab鈴木
やはり退職時にはコミュ二ケーションがありますよね。
木根さん
はい。辞めると言ってから、年収を次の会社と同等額まであげるといわれました。
Lab鈴木
評価は常に適正に行って欲しいものです。
転職の学び
1.辞める時に自分の適性評価がわかる。
2.第三者に自分を客観的に評価してもらえる。

建築施工管理として転職される方へ

Lab鈴木
これから建築施工管理として転職される方にメッセージをいただけませんか?
木根さん
年功序列で給料が支払われる会社もあれば、色んな方向から評価して給料が決定される所もあります。人手が足りないから未経験者を雇うが後輩を育てるマニュアルも無く、見て覚えろ!と言う雰囲気が多すぎて、結局育つ前にやめていってしまう状況ではありますが、ぜひあなたも一度客観的に市場を価値をみて適正に給与をもらって働ける環境を見つけてください!
Lab鈴木
木根さんありがとうございました。

最後に

いかがだったでしょうか?

建築施工管理として転職されている方と、会社との情報格差は大きく、知っているかしってないかだけで、年収300万もかわってしまう。10年もたてば3000万も変わってきます。地方なら家も買えちゃいますよね。こういった不幸がおきないように、あなたも適正に評価されているかどうかチェックしてみてはどうでしょうか?

 

年収UPさせる!施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!施工管理/現場監督のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「サービス残業が辛い。。」
「休みがない/連勤が辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の施工管理人口は減少傾向にあるので、施工管理として転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は施工管理のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の施工管理求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

施工管理/現場監督の無料求人サイト


年収UPさせる!土木/建築業界のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!土木/建築業界のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」「サービス残業が辛い。。」「休みがない/連勤が辛い。。」などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の土木/建築業界の需要は増加傾向にあるので、土木/建築業界に転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は土木/建築業界のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の電気工事士求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方・入社後に後悔したくない方は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

土木/建築業界の無料求人サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です