【目的別】CADオペレーターのおすすめ求人サイトは?

今回はCADオペレーターを目指す人に役立つ情報をまとめました。特に求人サイトや転職活動の体験談などご自身で探すには時間がかかる内容を重点的にまとめましたのできっと役に立つ情報かと思います!

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

CADオペレーターのおすすめ求人サイトランキング

CADオペレーターの求人が乗っているサイトは非常に多く存在します。転職活動をする上で情報収集は大切ですが、あまりそればかりに時間も労力も取られてしまうのは得策とは言えません。そこで今回はどのサイトに絞って検索をすればよいのかをランキング別でまとめましたので是非お役立て頂ければと思います!

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

1位:せこかんラボ

せこかんラボでの求人内容は主に建築・電気・土木の施工管理や電気工事士に特化したサイトとなっています。その大きな特徴としてはエリアごとに仕事を探すことができる点です。CADオペレーターとして働きたい人の生活環境は様々かと思います。

例えば育休中の人や介護の合間をぬって働きたいなんて人も沢山いるかと思います。そんなときに自分の生活圏にしぼって検索できるサイトとして、せこかんラボは非常に重宝します。

例えば静岡県での仕事を検索すると、静岡県における今後の建築業界の傾向や、資格ごとの求人件数、他県との給与額の比較が一目でわかるので生活圏の中で、さらに自分に合った職場を深掘りして探すことが出来ます。

2位:リクナビネクスト

リクナビネクストの特徴は転職サイトとしての知名度が高く、求人数もNo.1という点です。建築業界に限らずあらゆる業種の求人情報を調べることが可能で、検索機能も充実しているので、数多ある求人の中からでも自分の理想の職場を見つけることが出来るでしょう。

また会員登録とレジュメ情報を登録をすることで企業側からのオファーがかかる「スカウト機能」というものもあり、転職できる可能性のある企業を色々と探したい人には適しているサイトと言えるでしょう。また登録をするとキャリアアドバイザーと直接面談・相談をすることが可能なので、有効に活用できるとよりスムーズに転職を進めることが出来るでしょう。

3位:doda

dodaは求人の掲載数が多いこともあり未経験者を対象とした求人も数多く掲載されています。また特筆すべきなのは、非公開求人で良質な企業の情報がとにかく多い事です。

ちなみに非公開求人とは企業が社名を明かさずに人材を募集することで、人事採用のコスト削減や機密性の高いプロジェクトに関わる人材採用をしたい際に行われ、比較的好条件の案件が多い傾向があります。転職後の遇面を重視したい人には非常にお勧めのサイトといえます。

また専任のキャリアアドバイザーも付くので未経験であってもその業種の情報を教えてもらったり、自分に適した転職先を提案してもらうこともできます。1人での転職活動に不安がある人には安心のサイトでもあります。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

CADオペレーターの高収入求人を見つけるなら

転職先はとにかく待遇面で優れた企業を探したい!という人には以下のサイトがおすすめです!

1位:エンジャパン

エンジャパンは年齢やキャリア別に適した転職サイトを掲載しています。中でも”ミドルの転職”や”AMBI”というサイトでは高収入の求人を探すことが可能です。”ミドルの転職”は30~40代の世代が対象でテクニカルスキル・経験・ヒューマンスキルを重視した求人が多く、1000万円級の求人も多く掲載されます。

転職活動に時間を割きにくい世代向けにオンラインビデオ面談なども実施しており円滑に支援してくれるサイトです。”AMBI”は若手ハイキャリアの求人で500万円級の求人も多く掲載されます。次世代のリーダーや幹部候補の求人も多く、高いパフォーマンスを発揮できる場を探している人にもってこいのサイトと言えるでしょう。

2位:せこかんジョブ

せこかんジョブでは建築・土木・設備の施工監理などに特化して求人を掲載しています。日本全国の大手ゼネコンやサブコン、工務店まで幅広く掲載されているため、未経験はもちろんのこと、ベテランのスキルを活かした転職先を探すことも可能でしょう。

サイト内には建築業界のあらゆる情報をまとめたコラムが掲載されているので、それを活かして自身の専門でない範囲の知識を勉強することも転職活動に役立つかと思います。

3位:建設求人ナビ

建設求人ナビでは建設・建築業界に特化した求人情報を掲載しています。特に経験をある程度積んだような方、例えば長期間に及ぶ大型物件の設計補佐としてCADオペレーターの仕事を経験したことのある人などはより好条件の求人にマッチするはずです。

コンサルタントのバックアップの手厚く、特に気になる給与面などの疑問もコンサルタントを通して確認してもらうことも可能です。シニア向けの職務や短時間勤務などの幅広い働き方に適した求人も掲載されています。ある程度勤労年数がある方の次のステップアップに適したサイトと言えるでしょう。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

CADオペレーターの未経験の求人を探すなら

CADオペレーターとしての経験がない人も心配しなくても大丈夫です。様々なサイトで未経験の求人は存在しており、中でも以下の3つのサイトではより未経験に優しい条件で求人情報が掲載しています。

1位:せこかんラボ

せこかんラボではCADオペレーターの経験が未経験の人でも応募可能な求人も多く掲載されているので他業種から転職を考えている人でも仕事が見つけやすいサイトです。

またこの業界で必要な基礎知識をコラム形式でまとめていて、新しいコラムがどんどんアップされているので、建築業界が右も左もわからない人はこのコラムを読み始めるところから始めるのが良いかもしれません。また企業情報の中にもその企業に転職した人の声が多く掲載されているので、イメージをつかみやすいでしょう。

2位:doda

dodaは求人の掲載数が多いこともあり未経験者を対象とした求人も数多く掲載されています。全体の求人の約50%が業種未経験でも不問としています。

また専任のキャリアアドバイザーも付くので未経験であってもその業種の情報を教えてもらったり、自分に適した転職先を提案してもらうこともできます。1人での転職活動に不安がある人には安心のサイトと言えるでしょう。

また非公開求人についても良質な企業の情報が見つかります。ちなみに非公開求人とは企業が社名を明かさずに人材を募集することで、人事採用のコスト削減や機密性の高いプロジェクトに関わる人材採用をしたい際に行われ、比較的好条件の案件が多い傾向があります。未経験とはいえ待遇面を重視したい人に適したサイトと言えるでしょう。

3位:マイナビ転職

マイナビ転職は求人サイトとしての知名度が非常に高く、20代・30代の若手を採用したい企業が多く求人情報を掲載しています。その数は業界トップクラスとも言われています。また中小企業やベンチャー企業の求人が多く、会社と共に成長していける可能性があるとも言えるので未経験の人がまず初めに入る企業を探すというという意味でもマッチングするサイトでしょう。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

CADオペレーターとして年収を上げるために出来ることは?

CADオペレーターの職種は実力主義の側面が強いので、逆に言えばスキルさえ磨いていけば年収もおのずと付いてくる仕事でもあります。スキルを磨く方法も努力さえすればいくらでもあるので、その一部をご紹介したいと思います。

資格を取る

CADオペレーターには民間資格がいくつか存在します。代表的なもので言えば、「一般社団法人コンピューター教育振興協会」が主催している「CAD利用者技術者試験」というものがあります。この試験では3種類の資格があり、「3次元CAD利用技術者試験」「2次元CAD利用技術者試験」「2次元CAD利用技術者試験基礎」という資格が存在します。

年収を上げるために取るべきは3次元CAD利用技術者試験ですが、難易度も最も高い資格になるので、順を追って地道に取得していくのが良いでしょう。

またさらにキャリアアップしたいという人には建築士の資格取得もお勧めします。1級建築士と2級建築士が代表的ですが、まずは2級建築士を取得して、次に1級と段階を踏んで取得を目指すことをお勧めします。

なぜならば1級建築士は設計を専門で仕事としている人でも何年もかけてやっと取得できる資格だからです。どちらの資格も図面を書く上で、より内容の理解が深まるという意味でも大いに価値がありますし、設計も出来るCADオペレーターとなれば自身の市場価値も格段に上がるので、年収アップにも直結する資格と言えるでしょう。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

経験を積む

CADオペレーターという仕事は何と言っても実力主義な側面があります。能力が上がればその分こなせる仕事量も増え、自然と年収も向上していきます。そして実力を上げるためには経験を積むことが何よりの近道です。

自分が受け持つ案件はしっかりと自分のストックとして蓄積していくと共に、もし仕事を選べるような環境にいるとすればなるべくやったことの無い案件に参加できると良いです。初めての分苦労も多いですが、その分新しく覚えられることも非常に多く、CADオペレーターとしての能力も格段に伸びていくはずです。

例えば木造、鉄骨造、RC造と構造が変わるだけで図面の書き方が全く変わります。用途も学校と商業施設で気をつけるべき部分が全く変わってきます。一度経験した用途の配置や使い勝手や通路幅や家具の高さなどあらゆる寸法関係を覚えていくと、設計についてもある程度わかるCADオペレーターになれます。

ただトレースするのではなく、作図する図面の違和感に気付き設計者に助言ができるような人材になれれば他のオペレーターとグッと差がつけられるでしょう。

もし現場を見れる機会があるのであれば、必ず見るようにすることをおススメします。建築はどうしてもPC上で見ているだけではイメージしきれない部分が存在します。図面では描き切れない部分もイメージして、その関係性を予測しながら作図できる人はスキル面で頭一つ飛び出た存在です。

エージェントに相談する

求人サイトでの情報収集や知り合いの紹介などで納得いく情報が集まらない場合やそもそも現職でそのような時間が確保出来ないという人には転職エージェントに相談をするという方法が向いているかもしれません。

間違いのない情報力と自身が求めている要望を引出してもらい、それにあった企業をマッチングしてくれるので、転職後のミスマッチというリスクを大幅に減らしてくれる安心感があります。

また長い目で見て、将来的に目標としているキャリアに到達するために必要な経験についてアドバイスをもらうことが出来ます。未経験の人に対しては希望している業界のイメージが果たして正しいのかどうかも含めその実態を教えてもらうことも出来るでしょう。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

CADオペレーターの求人検索から、転職までの体験談

ここで実際に転職活動を成功させた人たちの体験談を3つご紹介したいと思います。是非ご自身の転職活動の参考にして頂ければ幸いです。

体験談1: 経験者 鈴木さん(27歳)

”before”
職種:メーカー勤務
学歴:学部卒
過去の転職回数:0回
勤続年数:4年間
直近の年収:280万円
平均残業時間:月2~30時間

”after”
職種:中堅設計事務所CADオペレーター
転職後の年収:350万円
平均残業時間:月5~60時間

Aさんは転職前はメーカーの事務職として勤務していました。残業も少なく人間関係も良好でしたが、仕事の内容自体に今一つやりがいを見いだせない日々が続いていました。元々建築学科の意匠設計を選択していたこともあり、自身も設計に関係する仕事に取り組みたいという思いが強くなっていきました。

何気なく求人サイトを調べているうちにますますその思いは強くなっていき、製図の授業が得意だったことをきっかけにCADオペレーターの仕事を目指すことを決意しました。まずはスクールでスキルと学生当時の感覚を取り戻すことにし、半年間集中して勉強に取り組みました。

その後転職エージェントに相談をしながら、自身が興味のある商業施設をメインで設計している中堅設計事務所に的を絞って転職活動を行い、無事に転職することができました。現在では仕事にやりがいを感じつつも次の目標として、自身も設計に加わることを目標に仕事に励んでいます。

体験談2: 未経験者 斎藤さん(30歳)

”before”
職種:パート勤務
学歴:学部卒
過去の転職回数:1回
勤続年数:5年間
直近の年収:150万円
平均残業時間:月0~10時間

”after”
職種:派遣CADオペレーター
転職後の年収:250万円
平均残業時間:月2~30時間

Bさんは大学卒業後数年間事務職として勤務をしていましたが、結婚・出産を経て子育てをしながらパートとして勤務をしていました。子育てが一段落したタイミングでもう一度会社で働きたいと考えるようになり、求人サイトを調べる中でCADオペレーターという仕事を見つけ本気で転職活動をすることを決意しました。

未経験ということもあり最初はすぐには求人が見つかりませんでしたが、地道に未経験OKの求人を探し続けることで、パソコン事務、CADは使えなくてOK、教育制度あり、という好条件の求人をみつけることが出来ました。

無事その会社に転職が決まって最初に派遣された大手設計事務所で丁寧に指導をしてもらい着実にスキルアップを重ねていきました。現在勤務を始めてから数年経ちましたが、待遇アップを目指して、設計についても勉強もはじめており、ゆくゆくは設計も出来る人材になること目標に仕事に励んでいます。

体験談3: 高収入 高橋さん(28歳)

”before”
職種:派遣CADオペレーター
学歴:学部卒
過去の転職回数:0回
勤続年数:4年間
直近の年収:250万円
平均残業時間:月5~60時間

”after”
職種:正社員CADオペレーター
転職後の年収:480万円
平均残業時間:月6~70時間

CさんはCADスクールに通いCADのスキルを勉強したうえで前職の派遣CADオペレーターに就職しました。元々建築の仕事につきたかったこともあり業務内容には満足していましたが、ライフステージが進み結婚をしたころから収入面での向上を意識するようになりました。近い将来子供を作ることも考えるともっと好条件の企業を探さなければと思い立ち転職活動をスタートしました。

求人サイトを探す中で現職の条件より格段に上がる求人は中々見つかりませんでしたが、3次元CADの求人はかなり好条件のことが多い事に気づき、まずは3次元CADの勉強をすることから始めることにしました。現職で働きながらスクールにも通い、その努力が実を結び無事に大手設計事務所の3次元CADオペレーターとしての転職が決まりました。収入面でも仕事のやりがいでも大きく前進できる転職となりました。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

CADオペレーターの無料求人サポートを受けるなら

CADオペレーターの求人はあらゆるサイトに数多く掲載されています。さらに建築業界の人手不足はますます進んでいるので、書き手としての人材は多くの企業が欲しているとも言えます。無料の求人サポートもあらゆるサイトで充実してきているので、少しでも興味があるようであれば、まずは無料のサポートを受けてみるのも良い転機になるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です