測量士の転職!成功する転職と失敗する転職の違いは?

この記事では、測量士として転職を目指している方に向けて、転職するためのHOW TOや成功体験談を紹介していきます。測量士は、他の資格と一緒に持って仕事をしていくと年収にも上がるので、こちらの観点でも必見の内容になっています。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

測量士の転職理由は?

まず転職をしたいのであれば、転職しようと思っているところの労働環境を予想して伝えないといけません。例えば、待遇や労働環境を理由にする場合は、採用を受ける企業の待遇や労働環境が退職理由と被っている時は、どこまで妥協出来るかを考えないといけません。
特に未経験の方は何故測量士になりたいのかを明確にして退職理由と動機を紐づけておく必要があります。いくら人手不足とはいえ面接できちんとアピール出来ないと採用の可能性は低くなります。

測量士の転職の悩みは?

測量士というと激務というイメージがあります。繁忙期には徹夜なんてワードも調べれば出てくるので会社選びに苦労する所や未経験に多いのがアピールするポイントが分からないと悩むこともあるようです。転職する業界が欲しがる人材像をイメージしてご自身の長所や経験を伝える事が出来るようにしましょう。

測量士のおすすめ転職時期は?

転職活動としては、会社にもよりますが年末から決算時期の3月までは繁忙期なので4月から11月くらいまでが良いでしょう。また、一般的に3月から4月、9月から10月が採用に積極的なので4、9、10月に合わせて活動をするのがベストです。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

測量士から他職種への転職は?

測量士だけでは年収に天井が見えてきたり体力的に限界を感じて転職ということも珍しくはありません。測量士からの転職としては、測量士を活かすのであれば同業他他社、不動産会社、土地家屋調査士があります。測量士は活かせなくともパソコンでの作業や業務効率を活かしたいのであればWEB関係、製造業等があります。後者の方は出来るだけ若い20代の内に決断した方が良いでしょう。

測量士の転職でよくある失敗事例

ここからは、転職で失敗してしまう例を紹介します。内容を確認しながらご自身の活動に役立てて下さい。

失敗事例1:給与だけで転職する

サラリーを求めすぎてはいけません。求人票を見て他の会社より条件が良いと飛びつきたくなりますが、福利厚生や労働環境が悪くて痛い目を見たという話も良く聞きます。過酷な労働環境で働いていくと考えると給料だけを軸に活動するのはオススメしません。せっかく転職するのであれば長く働けてスキルを身に着けられる所を進みましょう。

失敗事例2:書類選考に通らない

転職活動を初めにぶち当たるのが書類が通らない事です。未経験者が多いですが、経験者でも起こり得ます。通らない理由として未経験者は採用を受ける企業に合っていないスキルや経験をアピールしてしまい撥ねられてしまっていたり、上手くスキルの棚卸が出来ていなくてアピールする材料が足りない等です。経験者はスキル経験は即戦力なのに、書類にダラダラと書いていたり何をアピールしたいのか伝わらない内容である事が挙げられます。
企業研究はクセづけておきたいです。

失敗事例3:プロを活用しない

失敗事例1,2を解決する方法でもありますが、転職活動にはプロのエージェントが存在します。エージェントを利用しないというのは日本語しか知らない人がガイドなしで海外旅行に行くようなものです。人気の求人は時間との早い者勝ちで、書類や面接を勝ち抜くためには添削指導をしてもらった方が効率が良いです。またエージェントは公開していない求人を持っていたりするので、そういった求人も紹介して貰える可能性は高く有利に活動を進めることが出来ます。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

測量士の転職成功事例

お待たせしました。皆さんが気になる成功体験を見て行きましょう。転職のキッカケは別ですが、活動の進め方には共通点があります。

体験談1

池内さん(27歳)
<前職>
前職:コンビニ店員
勤続年数:2年
年収 : 230万
転職回数:3回
残業時間:30時間

<転職後>
職種 : 測量士
勤続年収:半年
年収:300万
残業 : 40時間

【転職のきっかけ】
高校を卒業し職を点々として前職で目標もなく働いていました。毎日同じルーティンを行い、バイトの尻ぬぐいをしていました。『このまま何十年も、この生活か…』とボヤくのにもウンザリしていました。そんな時に同じ職場の40代のおじさんからは『正社員で手に職を着けておいた方が良いよ』と言われ危機感が芽生え転職を決意しました。

【転職の進め方】
何を目指すべきか分からないまま転職サイトを眺めていたところ、たまたま建設業界の特集があり測量の仕事に純粋にやってみたいと思いました。勿論危険と隣り合わせの仕事で過酷な業務である事を加味しても若い今しか出来ないと思いました。思い立ったらすぐ行動で、エージェントに相談して測量の仕事に就きたい事を伝えました。エージェントからは、『過酷な仕事で根気のある方が採用されやすいので、そこの覚悟はおありですか?』と聞かれ自分の熱意を伝えるとエージェントも全力でバックアップしてくれました。

【内定までの道のりと、その後】

まず行ったのが書類の添削をしてもらい5回のやり取りを経て何とか形になりました。次に面接の練習を10回程行い準備を整えていきました。その後、数社の未経験オッケーの求人を紹介してもらいました。面接では案の定、転職回数の多さや志望の動機を掘り下げて聞かれましたが対策していた程ではなかったでので無事に面接をクリアする事ができました。

数社から内定を頂き、驚きと嬉しさを噛みしめて教育に力を入れている所でお世話になっています。パワハラが多い業界と聞いていましたが、そんな事はなく忙しい毎日の中に日々成長を感じています。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

体験談2

中島さん(28歳)
<前職>
前職:土木施工管理
勤続年数:5年
年収 : 380万
転職回数:0回
残業時間:50時間

<転職後>
職種 : 測量士
勤続年収:1年
年収:350万
残業 : 40時間

【転職のきっかけ】

元々、新卒の時から将来は独立してコンサル系の仕事がしたいと思っていました。まず新卒で選んだのが施工管理で現場から知識を得て行こうと考えました。1つの職種を5~10年程で区切り40~50代で独立するために次は測量の仕事に携わりたいと思い転職を決意しました。

【転職の進め方】

転職は初めてだったので真っ先にエージェントに相談しました。エージェントからは『高い目標を持っておられて素晴らしいですが面接では上手く伝えないといけませんね』と言われました。確かにそうだなと思い予め纏めておいたスキルや資格をお伝えすると『十分なスキルとご経験をお持ちのようですので、数日お待ち下さい』と言われてお任せしました。

【内定までの道のりと、その後】

数日後10社程の求人を紹介されました。流石に測量自体は初めてだったので教育体制も整っている企業を数社選びました。お伝えして置いたスキルや経験からエージェントが書類を作成して頂いたおかげでスムーズに面接まで進む事が出来ました。面接は1週間後に決まり、その間エージェントと毎日時間を見つけて練習してもらいました。細かい姿勢から、目線、受け答えに至るまで手厚いサポートのおかげで安心して面接に望む事が出来ました。志望動機では『現場での経験は一通りこなしていくなかで正確な測量が施工に大きく影響を及ぼす事を理解し、測量に深く関わりたいと思いました』と伝えて無事に乗り切りました。

転職して1年経ちますが、見えていなかった部分に触れられて充実した毎日を過ごせています。

体験談3

今永さん(29歳)
<前職>
前職:測量士
勤続年数:7年
年収 : 300万
転職回数:0回
残業時間:80時間

<転職後>
職種: 測量士
勤続年収:1年
年収:350万
残業: 40時間

【転職のきっかけ】

前職では残業代が出ずに、みなし残業分30時間が手当で付くだけでした。実際には、それ以上しており黙認していました。また、古い体質の会社で教育はほとんどなくパワハラも多く新人が次々に辞めていくような会社で転職を決意しました。

【転職の進め方】

転職の軸としては労働環境が今より改善し働きやすい職場にして大手の転職サイトで探していましたが上手く行かず、悩んでいたところエージェントサービスがあることを知りました。すぐに相談して、今よりも福利厚生や労働環境が改善出来るところを探して貰いました。エージェントからは『スキルと経験が豊富なので書類で、転職先に合わせてアピール出来れば大丈夫です』と言われ安心しました。

【内定までの道のりと、その後】

まずは書類をしっかり添削してもらい数社紹介されました。書類は無事に通り、面接まで進んだので面接対策をしました。なるべく前職をマイナスに言わないように気をつけながら、人が足りなくなって仕事量が増えて対応出来なくなったが会社に相談を再三しても改善が見られなかったので止むを得ず転職をする事になった旨を話しました。面接官や取締役に納得して頂き無事に内定を頂きました。エージェントに依頼して良かったです。
転職して1年経ちますが、前職よりも環境が改善して気持ち良く働けています。

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「サービス残業が辛い。。」
「休みがない/連勤が辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の施工管理人口は減少傾向にあるので、施工管理として転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は施工管理のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の施工管理求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

土木/建築・施工管理の無料求人サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です