【目的別】土木施工管理のおすすめ求人サイトは?

土木施工管理とは、道路、橋、トンネル、鉄道、上下水道など私たちのライフラインの工事全般の施工管理業務のことです。もし求人を探そうと思ったら、どんな求人サイトを探せば良いのでしょうか?

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

土木施工管理のおすすめ求人サイトランキング

この記事を見て頂けているということは、土木施工管理の仕事に興味があるか、転職もしくは就職を希望している人だと思います。ここでは土木施工管理の転職や就職に適した求人サイトを紹介します。

1位:せこかんラボ

施工管理の就職情報に特化しており、使い方が非常に簡単です。使い方は「土木施工管理」をクリックして検索するだけです。他のサイトでは他業種も含んでいるので検索を絞り込むのに時間がかかってしまいます。試しに使ってみましたが職種の欄を「土木施工管理」のみで検索しただけでも768件程ヒットしました。他の求人サイトよりも求人数が多く、手っ取り早く「土木施工管理」に関する情報を知りたいのであれば、せこかんラボがお勧めです。

2位:doda

求人サイト大手です。職種と業種を「土木施工管理」に絞っていくと698件ヒットしました。このサイトの特徴は、大手ならではの企業のリサーチ力で働く人の様子などがイメージできます。オプションで待遇や福利厚生、企業への定着率、休日や働き方を選択でき、しっかりとご自身に合った企業を検索することが出来ます。

3位:リクナビネクスト

こちらも大手の求人サイトです。土木施工管理の求人は上記のサイトよりは求人数は少ないですが、条件の選択も充実しています。特に他のサイトにはない選択項目が2年以上売上10%アップで急成長している企業に絞って検索することが可能です。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

土木施工管理の高収入求人を見つけるなら


転職を希望されている方の中には、もっと年収を上げたいという方もいらっしゃると思います。ここではハイクラスの転職を希望されている方に向けてお勧めの求人サイトを紹介します。

1位:せこかんジョブ

こちらは「せこかんラボ」と同じく施工管理に特化した求人サイトです。年収800万円以上で検索すると6件(公開4件、非公開2件)程ヒットしました。検索の仕方を変えると求人の数が変化します。こちらのサイトは無料で求人についての問い合わせや非公開の求人情報を教えてもらえたり、実際に働く人の口コミを見れるのでお勧めです。自分で検索して好みの求人が無ければ無料の転職支援をしてもらえるので、まずはこちらから試してみてください。

2位:せこかんExcective

このサイトをご存知でしょうか?最近、増えてきているヘッドハンティング型の転職サイトです。せこかんジョブと同じく年収800万円以上で検索すると5件程ヒットしましたが、あくまで求人企業が出している情報で、ヘッドハンターが登録した経歴や資格を見て企業に条件交渉や面接サポート、入社の調整、退職交渉等、様々な面から登録者をサポートしてくれます。そのため、交渉次第では年収を上げられる可能性があります。煩わしい手間を省きたい方にはお勧めです。

3位:エンジャパン

CMなどでお馴染みのエン・ジャパンです。こちらは年収800万以上の土木施工管理で検索すると4件ヒットしました。数は少ないですが、サイトの取材陣がミスマッチを防ぐために徹底的に調べているので厳選されています。また各求人に口コミが載っており、実際に働いている人の感想や経験を見ることが出来るので非常に参考になります。求人表だけでは分からない部分が分かるので非常にお勧めのサイトです。じっくりと自分に合った会社を探したいのであれば是非使って見てください。

土木施工管理の未経験の求人を探すなら

次に未経験で土木施工管理の求人を探したいのであれば、どの求人サイトを使えば良いのでしょうか。ここでは未経験にお勧めの求人サイトを紹介します。

1位:せこかんラボ

ここでも「せこかんラボ」が入ってきました。ちなみに「土木施工管理、未経験」で検索してみると394件もヒットしました。未経験の求人数としては、かなり多いです。やはり施工管理に特化しているだけあります。また、一件一件求人をサイトの担当者に連絡できるシステムになっており質問や不安なことを納得するまで聞いたり確認できるので未経験の方が安心して転職活動をすることが出来ます。希望の条件次第では非公開の求人を紹介してくれる可能性があるので、効率良く転職活動を進めることが出来ます。

2位:マイナビ転職

大手転職サイトの「マイナビ転職」です。未経験の求人が多いことでも有名です。「せこかんラボ」と同じように検索してみると158件ヒットしました。大手の検索サイトならではの詳しい会社の福利厚生や求人のお勧めポイント等が纏めてあり、求人情報である程度の会社の内容が分かります。一人一人にアドバイスしてくれる「転職Myコーチ」というシステムがあり、プロのキャリアコンサルタントが採用担当者の目線で的確にアドバイスしてくれるので安心です。

3位:doda

先程も登場しましたDODAです。「せこかんラボ」と同じように検索してみると13件程ヒットしました。「せこかんラボ」「マイナビ転職」に比べ求人数は少ないですが、少ない理由はDODAが保有している非公開企業が80~90%を占めるために登録してエージェントサービスを利用することで可能性が広がります。未経験の方は「せこかんラボ」「マイナビ転職」「doda」を平行して利用することをお勧めします。それぞれ保有している求人が異なるのでそれぞれの良さを把握して利用しましょう。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

土木施工管理として年収を上げるために出来ることは?

土木施工管理として年収を上げるには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。ここでは気になる年収の上げ方について3つ紹介していきます。

資格を取る

まずは資格を取得するということです。手っ取り早く自分のスキルをアピールすることが出来ますし、企業も有資格者を置くことを国から義務付けられているために必要枠となります。資格には1級と2級が存在し、1級を取得すると「管理技術者」、2級を取得すると「主任技術者」として働くことができ、1級になるほど難易度は高くなりますが、その分給料にも資格手当として反映されます。

経験を積む

何にでも通じることですが、経験は年収に反映されます。経験とは現場での専門知識もさることながら、現場の方や客先とのコミュニケーションスキルや納期の交渉力など、多岐に渡って身に着けることがあります。また前述の資格を取るためには実務経験が必要です。2級を受けるには最大で8年の実務経験が必要で1級だと最大で15年の実務経験が必要です。この実務経験はトータルなので、もし転職をしても足し合わせて経験年数に出来ます。

エージェントに相談する

最後は、ご自身の経験や資格で、どこまで年収を上げられるか転職のプロであるエージェントに依頼しましょう。大手転職サイトやこちらの記事で紹介したサイトには全てエージェントが在籍しているので使用する求人サイトはすべてエージェントを利用しましょう。交渉により予想していたよりも高額の年収を提示される可能性があります。
>> 無料で就職・転職について相談してみる!

土木施工管理の求人検索から、転職までの体験談

実際に転職した人はどのようなきっかけで転職を志し、転職して、どのような生活を送っているのでしょうか。ここでは転職者の体験談を紹介していきます。

体験談1: 経験者

転職者のプロフィール
上島さん(30歳)
前職:
過去の転職回数:2回
経験年数5年
前職の年収:500万

転職後
職種:土木施工管理
年収:550万
平均残業時間:30~50

前職では、非常に残業が多く、体調を崩したり、同期の仲間が次々にドロップアウトしていました。「次は自分の番かもしれない」という底知れぬ恐怖を感じながら仕事を続けていました。

しかし退職した同僚の分の仕事もこなしていくのが非常に負担になり退職を決意しました。転職の軸としては「長く働けて、休みが取れる職場」で活動することとし、働きながらの転職だったので迷わずエージェントを利用しました。

エージェントとは休憩時間や、たまの休みに連絡を取り合いながら地道に転職活動を進めていきました。忙しい私に変わってエージェントが書類や応募の作業をほとんどしてくれたおかげで何とか面接まで進み無事に内定を頂きました。

現在では無理のない範囲で仕事を進めることが出来、プライベートも充実しています。資格にも挑戦して聞きたいです。

体験談2: 未経験者

転職者のプロフィール
近藤さん(29歳)
前職:不動産仲介業
過去の転職回数:3回
経験年数2年
前職の年収:350万

転職後
職種:土木施工管理
年収:400万
平均残業時間:40~50

前職では、残業が多く深夜までということもザラにありました。お客さんの都合で動く必要があったので休日を返上することもあり「これから何十年も続けていく自信」が徐々に無くなりました。

30を目前に控えた29歳の時に「きちんとプライベートも取れる会社に就職しよう」と思い転職を決意しました。転職活動は、なかなか上手くいかずエージェントに相談したところ、1社目に建設現場の作業員として働いていた経歴を活かして土木施工管理の仕事を紹介されました。

調べてみると「激務・休みが取れない」などのマイナスなイメージが多く、何とかプライベートを確保できる職場を探してもらえるようにお願いしたところ1社見つかりました。面接では、正直に残業や休日に質問したところ真摯に答えて頂きました。社長の「人を大切にする」という言葉にも共感でき入社を決意しました。

転職後、しっかりと休暇も取れ一生モノの仕事に就くことができ充実した毎日を送っています。

体験談3: 高収入

転職者のプロフィール
伊藤さん(40歳)
前職:土木施工管理
過去の転職回数:2回
経験年数10年
前職の年収:600万

転職後
職種:土木施工管理
年収:1000万
平均残業時間:40~60

前職では1級土木施工管理技士を取得し、部下を育てる教育係として後輩の育成に努め課長まで昇進しました。現場からも信頼され仕事としては問題が無かったのですが、大手のゼネコンで更にスキルアップして年収を上げたいと考えるようになりました。

転職サイトを眺めていましたが年齢が40を目の前にしていることもあり今より年収が高くなるのか不安だったのでエージェントに相談しました。経歴を見るや資格も1級まで取得されておりマネージメントの経験もあるということですので経歴としては十分交渉出来ますと太鼓判を押されました。

直ぐに数社紹介され、その中で大手のゼネコンを選びました。面接対策もして頂き、無事に面接をクリアして内定を頂きました。年収は150万円増の750万円を提示されました。もう少し欲しかったこともあり、エージェントに相談したところ更に数社紹介されました。

その中の大手ゼネコンの採用を受けました。あらかじめエージェントからは内定を頂いていた企業の年収をお伝えして頂き、交渉出来るようにしてもらいました。
面接では年収を交渉でき1000万まで年収を跳ね上げることに成功しました。

現在では、前職では経験できない規模の仕事を担当し時期部長候補として、充実した毎日を過ごしています。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

土木施工管理の無料求人サポートを受けるなら

本記事で紹介した求人サイトはすべて無料の求人サイトでエージェントの利用も無料です。一つに絞らず、複数の転職サイトを利用して自分にあった職場を探してみてください。

年収UPさせる!土木/建築業界のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!土木/建築業界のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」「サービス残業が辛い。。」「休みがない/連勤が辛い。。」などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の土木/建築業界の需要は増加傾向にあるので、土木/建築業界に転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は土木/建築業界のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の電気工事士求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方・入社後に後悔したくない方は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

土木/建築業界の無料求人サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です