電気施工管理さん、俺みたいになるな!4つの失敗から学ぶ転職成功事例

「転職活動で失敗したくない」「電気施工管理技師としてやりがいを感じたい」そうあなたが思うのは当然のことでしょう。

しかしながら、技術のことは知っているけど会社の事をしらないがために、働く環境を選び間違えてしまい、「転職を後悔した」、「なんだかやりがいを感じない」「なんのために生きているかわからない」と日々悶々とされている方にもお会いします。

そういった中で「次こそ納得のいく就職を!」と張り切って転職活動をしている人のお力になれるように、過去の電気施工管理さんの転職活動を実例にとりながら、電気施工管理技師さんが陥りがちな失敗についてみていきたいと思います。

電気施工管理の転職、これだけは避けたい3つの失敗事例

いくら需要があるからといって、しっかり計画と対策を練って転職活動に臨まないと思わぬところでつまずくことがあります。電気施工管理技師さんが陥りがちな3つの失敗について、具体例を見ながら確認していきましょう。

失敗1: 会社を辞めるために転職をする

施工管理のお仕事は残業が多くなりがちです。そういった中で「休日出勤が多すぎる」「サービス残業が多いからもう働きたくない」「理不尽なことを言う同僚ばかりで周囲との関係性がうまくいかない」など会社への不満や周りの上司や同僚への不満が募り、「とにかく今の会社を辞めたい」が目的になってしまって転職を決意する人は多いです。実際そういった方からの相談も多くお受けします。

しかし、次の仕事に対するはっきりとした指針がないままに、いま電気施工管理技師として直面している不満から逃げるためだけの転職活動を開始してしまうと次のようなことが起こります。

「何を自分の幸せと定義して仕事を探せばいいのか分からない」「退職理由と志望動機に一貫性がなく転職の面接でうまくいかない」といった問題が出てきます。そういったことから転職活動をスムーズに進めることが難しくなります。

失敗2: 辞める理由を人や会社のせいにしている

会社を辞めたいと思う理由は人それぞれです。職場環境や生まれた年代によっても理由は変わってきます。いまのミレニアル世代は比較的やりがいを重視し、団塊世代は給与や誇り、30代は家族のために給与等それぞれです。

しかし今の環境でやり切らずに、会社や同僚とうまくいかないからと、他責にするばかりでは、あなたの状況は何も変わりません。最終的には自分の意思で、自分の基準で次の会社を選んだという意識があるかないかが重要です。そうでなければ次の場所でも同じようにうまくいかなくなったらやめてしまいます。

だからこそ、自分が本当に何を求めているのか、何が足りていないのかを冷静に見極める必要があります。しかしながら、行きすぎた人間関係の悪化は健康を阻害するので、もちろん時には逃げることも大切です。

失敗3: 転職を決める前に退職してしまった

とにかく今の会社をやめたいと、転職先が決まる前に仕事を辞めてしまうと、収入がなくなり生活することが困難になってしまうことがあります。十分な貯金があればいいですが、そういった方は実際少ないです。お金がなくなり実家にかえるとすると転職活動自体も大変になってしまいます。

すると「早く働いて稼がなくてはいけない」と転職することが目的になってしまい、あなたにとって本当に重要な転職後のキャリアを考える余裕がなくなってしまいます。その状況では再びミスマッチを起こしかねません。

なので貯金が200万ほど無い状況では、冷静に自分と向き合いつつ現職を続けながら転職活動をすることをオススメしております。

電気施工管理の転職成功のコツ!

コツ1.自己分析をして電気施工管理としてのビジョンを明確にする!

ポイント
1. 自分の1年後、3年後、5年後、10年後のキャリアを考える。
2. なりたい像がわかない時は、自分のなりたくないぞうを考えて裏返す。
3. なりたい像をイメージした時に、なにを自身がもとめているかを整理する

転職活動は無目的に始めてしまうと途中で挫折してしまう恐れがあります。給与だけで判断をして今より年収が50万すぐにあがるからと決めてしまうこともあります。「辞めること」ではなく、「自分が望むキャリアを実現すること」を転職の目的にし、そのために何をすべきかを考えましょう。

まず考えるべきは将来像です。1年後、3年後、5年後、10年後にどんな仕事に携わっていたいのか具体的にイメージします。どういう現場に関わりたいのか、またどんな職場でどいういった人たちと働きたいのか、といったことを前提におきながら、あなたの将来のビジョンを明確にすることが重要になります。

もしこの作業をする中で、ビジョンが明確に見つけられない場合は、こうなりたくない、こんな職場はいやだ。こんなキャリアは嫌だを先に考えたあとに、裏返すことで自分のなりたい理想像を描くことができます。

この作業をせずに、なんとなく施工管理としての転職活動をしてしまうと、人手不足な業界ですのですぐに転職先が見つかるかもしれませんが、再び悩みや不満を抱えた時に、おなじような理由で会社を辞めたくなってしまいます。転職後に中長期であなたの人生を充実させるためにも、妥協せずに自分の人生を考えて見ましょう。

コツ2.転職完了までのスケジュールを作成しよう!

ここにタイトル
1. 転職のスケジュールを明確にひくこと
2. 上記の期間から受ける会社の数や面談の数を調整する
3.  転職エージェントに相談する

目指すべきビジョンを明確にしたら、転職スタートから転職先に入職するまでのスケジュールを決めます。

具体的には、転職先に初出勤する日を最終ゴールにして、どれくらい自分が時間を割くことができるのかを考えます。実際に転職したい日をきめると案外残されている時間は少ないということに気づくはずです。1回1面談として仕事をしながらスケジュールを考えれば、おのずと行くことのできる日取りも決まってきます。

退職にあたっては業務の引継ぎがありますし、やめたあとの会社との関係性を考えると、有給消化を考慮しながらいつごろまでに最終退社日にできるかを計算をしましょう。基本的には会社には1ヶ月前に退職を伝えなくてはいけませんが、きめたら早く会社に意向を伝えることが友好な関係性を保つには重要です。

あなたにとって最適なスタートからゴールまでのスケジュールを決めておくことで、施工管理という仕事と両立しながら、転職活動をすることができるため、物事を進めやすくなるはずです。一般的にいわれているのは、転職活動を始めてから3カ月程度を目処にスケジュールを組むのが一般的となっています。

コツ3.自分の会社選びの基準を定める

ポイント3
1. 会社に求めるものを明確にした上で仕事探しをする。
2. 条件に当てはまる企業が多ければ、条件をより絞る。
3. 条件に当てはまる企業がなければ、条件を変える
4. 1-3を繰り返す

会社とのミスマッチをしないために、企業選びの条件には自分なりの基準をもうけましょう。とりあえず話を聞いてみるかと会社を探しはじめると、今の時代ですから求人がありふれすぎていて、「どの会社がいいのだろう」とわからなくなってしまったり。

内定を獲得するという目的のためだけに、今の会社と似たようなところを選んでしまうことがあります。その方が、業務イメージがわきやすいので、転職面接でも話しやすいですからね。しかしそういったことを続けているばかりでは、またおなじ失敗を繰り返す可能性が高くなります。

だからこそ、自分が次の転職先に何を求めているのかをしっかりと考えます。「土日出勤もいいし、残業もいいけれど、サービス残業だけは絶対にいやだ」、「年収がそこそこでいいから、大手で福利厚生を安定したところで働きたい」「大手で仕組みの上に乗って働くのは嫌だから、中小企業でわきあいあいと働きたい」と仕事で大事にするポイントは人によって異なります。

その条件を実現する会社も違います。あなたの基準を定めた上で、転職活動することでみるべき会社が絞られるので、ゆっくりと多面的に吟味することができるでしょう。しかしながら自分がしっている選択肢だけで選んでしまうと、まだ未知の可能性を潰してしまうので、まわりの人やエージェントさんに相談しながらあなたにとってのベストをみつけましょう。

コツ4.転職活動が長引くリスクに備えよう!

基本的には仕事をしながらの転職活動をオススメしています。仕事を辞めてから転職活動をするなら、3ヶ月分くらいの生活費を貯金しておく必要があります。

電気施工管理の転職の失敗は防げる!

電気施工管理技師さんの需要はいまとても高いです。そのため、これまでお伝えさせていただいたポイントをしっかりおさえて転職活動をすすめていけば、転職失敗の状況を回避できるでしょう。

電気施工管理技師の転職で失敗しないためにはこれまでお伝えさせていただいた

1、自分のビジョンを明確にして
2、スケジュールを立て
3、会社選びの基準を明確にし
4、転職活動のリスクを想定

してすすめていくことで成功に収めることができます。仕事が忙しくて自分だけではなかなか難しいという場合は、下記から無料相談も行なっていますので、ぜひ相談ください。

年収UPさせる!電気工事士/電気主任技術者のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!電気工事士/電気主任技術者のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」「サービス残業が辛い。。」「休みがない/連勤が辛い。。」などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の電気工事士/電気主任技術者求人は増加傾向にあるので、電気工事士/電気主任技術者として転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は電気工事士/電気主任技術者のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の電気工事士求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方・入社後に後悔したくない方は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

電気工事士/電気主任技術者の無料求人サイト

年収UPさせる!土木/建築業界のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!土木/建築業界のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」「サービス残業が辛い。。」「休みがない/連勤が辛い。。」などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の土木/建築業界の需要は増加傾向にあるので、土木/建築業界に転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は土木/建築業界のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の電気工事士求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方・入社後に後悔したくない方は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

土木/建築業界の無料求人サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です