電気設計の転職!成功する転職と失敗する転職の違いは?

この記事では、電気設計の職に就きたい方に向けて転職に成功するための方法や、失敗事例、成功事例をレクチャーします。 最後まで読んで頂ければ有利に進めることが出来るはずです。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

電気設計の転職理由は?


転職の際、深く聞かれる部分が会社を変えようとするキッカケや経緯です。
当然ですが、企業側としては人材不足とはいえ長く勤めてもらえる方を採用したいはずです。

そのため前職の経験があるならば、何故、今の会社ではダメなのかを纏めてるべきです。
まずは退職したい理由を全て書き出しましょう。例えば、①給料が安い、②プライベートの時間が取れない、③会社に将来性を感じない、の3つがあった時は仕事とプライベートを両立出来るところに行きたい、個人の能力を正当に評価してもらえるところに行きたい等の前向きな理由にしましょう。

また未経験の場合は、できるだけ電気設計の転職に繋がるような理由にしたほうが良いです。例えば、「一生食べていけるように手に職をつけたい」「若い内に大きな仕事に挑戦したい」といった感じです。なるべく次の仕事で挑戦したい旨を気持ちで伝えましょう!

電気設計の転職の悩みは?

採用してもらえない、転職はしたが入社前のイメージと異なる等の求人情報からは分からない点があるのではないでしょうか?

経験者枠で多いのが経験を上手くアピール出来ず書類で落とされる、面接まで行けると思っていた分ショックが大きくなるらしいです。

未経験枠で多いのが、面接で落とされる、そもそも書類が通らない、入社後の教育体制や会社の雰囲気等があります。両者で共通して転職活動が上手くいかないと自信がなくなり、活動自体滞るといった悪循環もあります。

電気設計のおすすめ転職時期は?

年間を通して2~3月、9~10月の2シーズンがオススメです。理由としては①企業側が中途採用に積極的なこと、②転職者がお盆や年末年始を避けて転職活動すること③転職者が賞与を貰ってから動き出すことがあります。そのため需要と供給が一致する2シーズンに転職活動をするとで思わぬ優良企業に出会える可能性が高くなります。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

電気設計から他職種への転職は?

電気設計では主にCADという図面を作成するためのツールを使用します。

特に3D-CADは今主流のツールで使える人であればCADオペレータとして、建築や機械、自動車、船舶、プラント等のモノづくりに関する設計職や、逆にインストラクターとしてCADの操作方法を教える仕事にも就くことが出来ます。

電気設計の転職でよくある失敗事例

ここからは転職活動で後悔してしまう例BEST3を紹介します。

失敗事例1:給与だけで転職する

転職理由の上位を占めるのが給与ですが、それだけを追い求めて転職活動を行うのはNGです。一概には言えませんが給与=求められることと認識しておいて損はありません。

給料が高いと高ストレス耐性や高スキルを期待されるのです。書類や面接で上手くいかない方は再度見直しをオススメします。また、入ってからのギャップにま繋がりますので、どんな環境でも、やっていける自信がない限りは給与だけでは選ばないようにしましょう。

失敗事例2:書類選考に通らない

転職あるあるですが、面接までいけないことは多いです。特に年齢をとればとるほどマネージメントの経験や、現地への対応力を期待されますし、書類で上手くアピールも必要です。

書類が通らない方は企業にアピールしている経験やスキルがマッチしてない可能性もあるので、必要とされている人物像を企業毎に合わせて書類を作るように心がけましょう。

失敗事例3:プロを活用しない


経験枠にしろ未経験にしろ、プロのエージェントを利用しないのは、スピードと質に影響してきます。何故なら、エージェントは、サイトには載っていない内容まで把握しているからです。例えば、会社の雰囲気や教育内容、先輩方からの指導の様子など、会社の中にいないと分からない所を見ている可能性があります。

また貴方の転職理由に合わせて探してくれるので効率が良く、不安な点を相談したり、代わりにエージェントが交渉をしてくれるので是非活用しましょう。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

電気設計の転職成功事例

電気設計の転職を成功させている方は、どのように進めていき、満足の職場を勝ち取ったのでしょうか? 気になる成功体験談を大公開します。

体験談1

橋本さん(25歳)
<前職>
職種:プラント施工管理
勤続年数:3年
年収:400万円
転職回数:0回
残業時間120時間

〈転職後〉
職種:電気設計
勤続年数:1年目
年収:450万
残業時間:60時間

【転職のきっかけ】
大手のプラント施工会社に勤めていましたが、繁忙期は先輩社員と徹夜や2交代制で勤務する事も多く、プライベートの時間どころか睡眠時間ですら週に20~30時間しか取れませんでした。

20代ならば気合で何とかなるかもしれませんが、この先30年以上働くとなると全く自信がなく今のスキルを活かせてプライベートの時間を取れる職場を探そうと思い転職を決意しました。

【転職の進め方】
自分で1から転職活動をする時間もないので迷わずにエージェントを利用しました。エージェントからは退職理由や経歴を詳しく聞かれ事細かに話すと「20代で、かなり現地の知識や経験を持っているので上手くアピールすれば問題ないです。数日中に数社ピックアップします。」と言われました。案外、スムーズに事が進んで驚きました。

【内定までの道のりと、その後】
数日後に連絡があり現地の経験が活かせ、大学で専攻していた電気の知識が活かせる、プラント業界の電気設計を紹介されました。面接では退職理由をメリハリを付けて仕事がしたいことや、結婚を考えている人がいるので安心させたい事を伝えました。

面接官も納得した表情でした。志望動機は、前職での現地の経験や大学での知識が活かせる設計でチャレンジしたい熱意を伝え押しきりました。エージェントと練習した成果もあって、1社目で内定を取る事が出来ました。現在、入社して1年が経過しましたが、きちんとプライベートも確保出来て充実した毎日を過ごせています。

体験談2

近藤さん(30歳)
<前職>
職種:電気設計
勤続年数:4年
年収:500万円
転職回数:1回
残業時間:60時間

〈転職後〉
職種:電気設計
勤続年数:1年目
年収:550万
残業時間:50時間

【転職のきっかけ】
大手電機メーカーに勤務していましたが食品加工用の製造ラインの検査機器の制御盤の設計を主に手掛けていましたが先細りな傾向もあり、元々の志望はもう少し大きなモノづくり(プラント、飛行機、電車など)を手掛けたいと思っていました。異動願いを出していたのですが、なかなか通らず、これ以上待てないと思い転職を決意しました。

【転職の進め方】
3ヵ月程、求人サイトで自力で探していましたが上手く進まずに、ほとんどの求人サイトにある無料の転職エージェントを依頼しました。相談すると大きなモノづくりに、こだわる理由を聞かれ、憧れとしか答えられない自分に戸惑っているとエージェントから「自動車や半導体の製造設備などではダメなのでしょうか?」と言われ考えさせられました。

正直こだわり過ぎていたと思い直し、転職の軸を業界よりも今後も成長が期待出来そうな所で進めていきました。

【内定までの道のりと、その後】
業界にこだわらず今後成長が期待出来る自動車の制御関係の仕事を数社紹介され、エージェントに書類の添削、面接の指導をしてもらい、トントン拍子に2次面接まで突破し最終面接も熱意をアピールして押し切りました。翌週には内定を頂き、胸を撫でおろしました。入社して半年が経ちますが、やりがいのある職場で満足しています。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

体験談3

上野さん(45歳)
<前職>
職種:電気設計
勤続年数:15年
年収:700万円
転職回数:1回
残業時間:60時間

〈転職後〉
職種:電気設計
勤続年数:5年目
年収:800万
残業時間:60時間

【転職のきっかけ】
勤め先の事業縮小の運びとなり退職を余儀なくされました。20年近く電気設計で食べてきたので同じ職種で探すきっかけになりました。

【転職の進め方】
初めは自分で探してみたものの年齢がネックとなり上手くいきませんでした。藁にもすがる気持ちで転職エージェントに相談したところ、企業に出していた経歴書を見せて欲しいと言われたので見せると「経験とスキルは十分なものを持っていますが、伝わっていないので今まで上手くいかなかったのです」と言われて目から鱗でした。

【内定までの道のりと、その後】
エージェントを利用してからは書類の添削と面接の練習に明け暮れ10社程、面接を受けました。私のマネージメント経験や経験スキルを惜しみなく面接でアピールし、何とか内定を数社勝ち取りました。現在勤めて5年目ですが、業績も好調で安心して勤められています。

終わりに

一生使えるスキルを身につけたい、設計職として働き続けたいと考えられている方にはオススメの職業です。今後の日本はAIの導入が盛んに行われて行く中で電気設計はAI技術に欠かせない分野になってくるので、経験しておいて損はありません。この記事を参考に是非、転職を考えみて下さい。

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「サービス残業が辛い。。」
「休みがない/連勤が辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の施工管理人口は減少傾向にあるので、施工管理として転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は施工管理のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の施工管理求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

土木/建築・施工管理の無料求人サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です