【資格は必要!?】未経験から電気工事士になるためには

新たなキャリアを考えるとき、手に職を付ける選択肢は絶対外せませんよね。
そんな時、どんな状況でも必要とされる電気に関わる仕事である電気工事士。
地域的な差もなく、今ではオリンピックや万博も迫ってきているので、近々需要も減りそうにありません。
実際、30代〜40代でも未経験での募集も多くなってきているようです。今からあゆむキャリアとしては検討してみても良いかもしれませんね!

この記事では、そんな電気工事士に未経験からでもなることが出来るのか?というポイントをご紹介したいと思います。

>> 電気工事士の就職について相談する!

電気工事士がどんな仕事か確認しておこう


まず、電気工事士とはどんな仕事なのでしょうか?
簡単に言うと、【電気に関わる工事を行う仕事】です。
工事を行うには資格が必要になりますが、第二種であれば実務経験必要なく取得することが出来ます。
一種と二種の差に関しては、扱える業務範囲が変わってきます。
二種では一般用の電気工事しか携わることが出来ませんが、大きな現場も経験したい!という方は、

  1. 第二種の資格を取得
  2. 実務経験を5年以上積む(電気系の大学出身など、一部の人は3年)
  3. 第一種の資格を取得

と少なくとも5~6年は第一種の取得までに時間が掛かりますので、早め早めに動き出すのが吉ですよ!

電気工事士には何歳まで応募が出来る?

とはいえ実際、何歳くらいまでの需要が多いのでしょうか?

年代別の求人状況は

インディードで、【未経験 年齢 電気工事士】と検索してみると

20代 3,429件
30代 4,108件
40代 1,208件
50代 1,262件

※2018年12月時点

と、40代を境目にガクっと件数が減っているのがわかります。
動き出すなら30代の間が良いようですね。

具体的な年齢別の募集は

具体的な業務内容 給料
20代 ・新築、改修に伴う電気設備工事
・エアコン工事
月給 18万 ~ 40万円
30代 ・仮設資材の制作、整備、管理業務、納品、資材準備
・現場施工など
年収 330万 ~ 500万円
40代 プラント電気工事、一般事務所ビル、
オフィスビルなど屋内・屋外照明・動力設備工事
リニューアル電気設備工事 、各種電気設備工事など
 月給 19万 ~ 38万円

これから需要がある仕事なの?

実際働きたいとと思っても、今後の需要が見込めなければ資格を取る意味がありませんよね。
ここ最近の受験者数を見てみると、

多少の前後はありますが、明らかに右肩上がりで増えていますね。
つまり受験する人が増える=仕事も増えていると判断できるかと思います。

オリンピックの勢いというのもあるとは思いますが、この先も大阪万博やカジノ設営の可能性も捨てきれません。
また災害が多い日本だからこそ、需要が無くなるというのは考えにくいです。
日本は先進国の中でもかなりインフラが整備されている国かと思います。

そんな日本の真似をしたいと考えている国も多いはず。
そうなってくると海外で働くチャンスも生まれてくるかもしれませんね。

なぜ未経験の人を採用するのか

それではなぜ今未経験の募集が増えているのでしょうか?
実際、その理由をまとめてみました!

未経験の人の方がやる気があったり、今までの職歴を活かしてくれたりして相乗効果が高く、結局管理職などを任せることができる。また強いやる気を持って応募してくれてきてくれる人が多いから、学習意欲も高いし資格取得の応援もさせてもらい、より多くの業務を経験してもらえるようなキャリアを歩んで欲しい。

経験者の需要はずっと高いままなので、経験者を採用するのは正直難しい。それよりも未経験でもやる気がある人を育てる方が早く即戦力になってくれる。資格を持っているかどうかみることもあるが、資格を持っていなくても現場から学ぶことはたくさんあるからそういう人を採用したいと考えている

やる気がある人が多いということと、需要が増えることで経験者の採用が難しいという2点があるようですね。
未経験からスタートしたとしても、需要が高まっていることで転職も十分可能なようです!

電気工事士資格は取る必要がある?

どのタイミングで取得すべきか

ところで、最初から資格を取得する必要はあるのでしょうか?
電気自体を扱うことは難しいかもしれませんが、実際にお手伝いとして入ることでより資格も取りやすくなるかもしれません。
しかし実際、同様にインディードで下記キーワード検索をしてみると、

未経験 無資格 電気工事士 421件
未経験 資格有 電気工事士 3,507件

8倍近い求人件数の差が出てきました。
やはり合格はしていないまでも、最低限資格取得に向けて動いておく方が良さそうですね。

どのようなキャリアを歩むことになりそうか

実際資格も取得し、勤務先も見つけることが出来たら、その先はどうなるのでしょうか?
仕事が無くならないにしても、給料はどのような推移で上がっていくのか、他の資格も取得したほうが良いのか。
その辺り気になりますよね。
実際、どのような割合なのでしょうか。

300万~500万 110件
500万~700万 81件
700万~1,000万 8件
1,000万以上 0件

となりました。
700万円以上の求人となると、かなり数が限られるみたいですね。
いくつか条件をピックアップしてみました。

  1. 2級電気工事・管工事施工管理技士以上,または第二種電気工事士以上の資格をお持ちの男女
  2. 公共インフラ・プラントの電気設備工事の施工管理経験者
  3. 監督経験・学歴不問!電気工事士・電気工事施工管理技士の資格保有者優遇

等、未経験&資格無から入れるものでは無さそうです。
ただし、きちんと経験を積めば高い収入を狙えるのがわかりましたね!

実際に未経験で採用を行なっている会社も増えてきており、入社してから資格の支援をしている会社もありますので、未経験で気になる方や、まだ第二種電気工事の資格をもっていないけど、これから取得したい方、案件も含めて相談したいという方いらっしゃいましたら、気軽に下のフォームよりご相談ください!

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「サービス残業が辛い。。」
「休みがない/連勤が辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の施工管理人口は減少傾向にあるので、施工管理として転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は施工管理のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の施工管理求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

土木/建築・施工管理の無料求人サイト


1 個のコメント

  • 現在飲食店で勤務しておりましたが手に職をつけたいと思い電気工事士が知り合いにいたこともあり、いいなと思っていました。電気工事士になるには、資格取得が必須だと思っていたのですが、この記事を読んで働きながら資格勉強もやってみようと思えました。資格を持っていなくても就職の相談に乗っていただけるとのことでしたので、安心して資格取得と就職活動を始めることができました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です