プラント設計の転職!成功する転職と失敗する転職の違いは?

プラント設計の仕事に携わる人にとって、エンジニアとしてのスキルアップと激務のワークライフバランスに悩み、転職を考えることは珍しくありません。日々の忙しい中で転職を成功させた方は一体どのように行動を起こしたのでしょうか?そんな転職への疑問や悩みを抱える人へ向けて、実際に転職された方の体験談を交えてご紹介します。

プラント設計の転職理由は?


プラント事業は各プラントの工場設備によって多くの種類が存在するため、専門性が非常に高い特徴があります。そのため自分の専門性を活かしたい人やものづくりが好きな人にとってプラント設計のやりがいは他では味わえない大きな魅力です。

転職の事情や理由は人それぞれですが、多くの人がスケールも大きい仕事にチャレンジしたいという熱意が転職を考える大きな理由と言えます。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

プラント設計の転職の悩みは?

プラント設計への転職を真剣に考えた場合、多くの人が情報をどうやって入手すればいいのか分からずに頭を悩ませています。特に他業界からの転職となるとプラント業界についての知識が圧倒的に不足している人がほとんどなため手探りでの情報収集となってしまいます。

転職の悩みは職場の人には話しにくく相談する人もいないため、自分で転職サイトの求人情報やネットの書き込みを参考に悩みながら転職活動を始めてしまいます。

プラント設計のおすすめ転職時期は?

転職の情報が入手しにくいプラント業界ですが、意外にも通年で求人を出している企業は多く見られます。これは人材のマッチングが難しいことに加えて、案件を常に抱えているため人手不足である事情があるからです。

採用されやすい時期も仕事の納期に影響されるため会社ごとに異なりますが、一般的に中途採用だと4半期は休日などが増える影響から採用されにくいという傾向もあります。

プラント設計から他職種への転職は?

プラント設計で実績のある人は高い専門性を活かして建築や機械といった他職種の設計や、保守エンジニアや営業など設計とは異なる職種への転職をすることもできます。他にもプラント業界で得られた知識を、例えば営業なら商品知識として応用することで即戦力として活躍することも期待できるでしょう。

プラント設計の転職でよくある失敗事例

独力で転職活動をしている人が陥りやすい失敗として大きな原因となるのが情報不足です。いくら素質があっても正しいアプローチができなければ成果を上げることはできません。
特に起こしやすい一般的な失敗として3つの事例を紹介します。

失敗事例1:給与だけで転職する

転職を考える際に給与は重要な指標のひとつと言えます。しかしエンジニアとしての寿命を思えば、転職先で腰を据えてスキルを磨いたほうが有利なため、人間関係や社風はもちろん、残業の有無や福利厚生といった社内環境と会社の経営状態が転職先を考える上でより重要といえます。

特に検索サイトから求人の情報を調べると実際の仕事内容や社風などが分からないため、給与のような情報のみで転職の判断をするべきではありません。ご自身のプラントエンジニアとしてのキャリアと生活のバランスを考え、給与だけで安易に転職先を決めてしまわないように注意しなければいけません。

失敗事例2:書類選考に通らない

新卒とは異なり中途採用の場合は、プラントエンジニアとしての実績と能力を相手に伝える営業センスが要求されますが、こうした売り込みが苦手な人は書類選考の段階で苦労する人が多いようです。

求人サイトで紹介されるプラント業界の仕事内容は概要のみで大雑把な内容でしか紹介されないため、求められるスキルが把握できなかったり、せっかく専門性の高い能力があっても転職先の会社で必要な能力をアピールしきれず、採用担当者からミスマッチと判断され書類選考すら通らなくなってしまいます。

失敗事例3:プロを活用しない

転職サイトに登録することでキャリアアドバイザーといった専門コンサルタントと協力して転職活動を進めることができます。

転職の際には業界や仕事内容について情報不足なこと以外に、転職者が志望動機や職歴のアピールに不慣れなことが失敗の要因に挙げられますので、転職サイトに登録するメリットは大きいのですが、登録をしても連絡を疎かにしてプロの力を活用しきれない人が少なくありません。

特に転職のプロは検索サイトからは得られないような非公開の求人や業界事情といった質の高い情報が多いため、活用している他の転職者と比べて非効率な転職活動となります。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

プラント設計の転職成功事例


転職活動に取り組もうという人は、求人情報を調べたり応募書類の作成や企業との連絡が予想以上に忙しく、情報不足に加えてなかなか時間が確保できないという悩みを抱えています。転職活動を成功させた人はこういた悩みを克服して転職先の企業にどのようなアプローチを行ったのか実際の体験談を交えて解説します。

体験談1

Oさん(27歳男性)
【前職のプロフィール】
・職種:電力会社の設計担当
・学歴:専門学校卒
・勤続年数:7年
・直近の年収:550万円
・平均残業時間:100時間
【転職後のプロフィール】
・職種:石油・天然ガス開発会社の設計担当
・勤続年数:1年目
・年収:540万円
・月平均残業:5時間~10時間

Oさんはインフラの安定した会社に所属していましたが、勤続年数が長くなるにつれ調整業務が主となり、マネジメント要素が強くなっていくことで仕事の将来性に不安が転職のきっかけになりました。エネルギー業界を代表する会社に行くことで技術者として成長していきたいと思いながらも転職の経験はなく不安な状態でしたが、先に転職した先輩に相談に乗ってもらい、転職先の内情や実際の仕事内容をよく理解できた上で無事に転職できました。

体験談2

Mさん(28歳男性)
【前職のプロフィール】
・職種:大手ゼネコンの設備設計
・学歴: 4年性大学卒
・勤続年数:5年
・直近の年収:450万円
・平均残業時間:200時間
【転職後のプロフィール】
・職種:大手重工業メーカーの設計開発
・勤続年数:2年目
・年収:430万円
・月平均残業:繁忙期以外は定時退社

大手ゼネコンの設計に勤めていたMさんは日々の仕事が忙しく早朝出社して深夜に帰宅するという生活が転職を考えるきっかけでした。連日の深夜に及ぶ仕事から応募書類の準備や企業からのメールや電話に対応しきれずに悩んでいましたが、転職会社に登録してキャリアコンサルタントと連携することで、仕事の合間でも効率的に転職活動をすることができました。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

体験談3

Fさん(41歳男性)
【前職のプロフィール】
・職種:水質プラントメーカーの設計開発
・学歴:大学院卒
・勤続年数:15年
・直近の年収:600万円
・平均残業時間:100時間
【転職後のプロフィール】
・職種:外資の総合電気メーカー
・勤続年数:2年目
・年収:700万円
・月平均残業:20時間程度

水処理の分野で一貫したキャリアを形成していたFさんは前職での部門縮小が転職のきっかけでした。機械設計に携わりものづくりが好きだったため同じ業界への転職を希望していましたが自己分析が曖昧だったためキャリアアドバイザーと相談したところ、自身が培ってきた水処理プラントのキャリアが、グローバルな企業でより大きな仕事を追及することで活かせる内容であることに気づきました。

最後に

この記事を読んだ方がプラント設計として転職したくなるような締めの文章を記載ください。
プラント設計は専門性が非常に高く困難な仕事ですが、スケール感の大きさゆえに仕事を達成したときのやりがいは他の職種では味わえません。ワークライフバランスを考えている人はもちろん、プラント設計に興味を持たれるような仕事への情熱が高い人にとって、転職は大きなステップアップのチャンスとなります。諸々の不安があるような場合でも諦めず、ぜひプラント設計という職種にチャレンジしていただきたいと思います。

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「サービス残業が辛い。。」
「休みがない/連勤が辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の施工管理人口は減少傾向にあるので、施工管理として転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は施工管理のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の施工管理求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

土木/建築・施工管理の無料求人サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です