【目的別】測量士のおすすめ求人サイトは?

この記事は、測量士を目指している方に向けて、オススメの求人サイトや年収の上げ方を紹介します。この記事を読んだ後に、スキルアップのイメージも出来るはずです。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

測量士のおすすめ求人サイトランキング


転職を考えているけれど求人サイトが多く、どの求人サイトを使えば良いのか分からないという方にオススメの求人サイトを紹介します。

1位:doda

大手転職サイトDODAです。測量士で検索すると180件程度ヒットしました。流石は業界トップクラスの求人数です。年齢でもらえる年収モデルや独自の取材記事が載せてあるので会社の雰囲気が、ある程度分かる所もオススメです。

経験があれば企業側から直接スカウトがされるスカウトメールや登録をすれば自動的にエージェントサービスを受けることが出来るので非公開求人の紹介や書類、面接指導を受けられるので転職の大きな武器になります。

2位:リクナビネクスト

こちらもCMで有名なリクナビネクストです。検索すると30件ヒットしました。DODAに比べると求人数が見劣りしますが、リクナビにしかない求人もあるのでチェックしましょう。

また社員へのインタビューや応募先からの貴方への期待が綴られているので、ある程度の採用基準も分かり参考になります。まずは自分で求人サイトを使って情報を収集したいとお考えの方にはオススメです。ただし、転職エージェントのサービスは受けられないので転職エージェントサービスのあるサイトと併用して使わないといけません。

3位:せこかんラボ

建設業界に特化した転職サイトです。検索すると5件でした。他と比べると求人数が少ないですが公開されている求人の2倍程度非公開の求人があるので、合わせると15件程度は求人を保有している事が分かります。こちらも無料で転職サポートに申し込む事が出来るので手厚い支援を受けられるようです。利用者からの評判も良いので利用してみる価値ありです。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

測量士の高収入求人を見つけるなら

市場価値がある人はワンランク上の転職を目指して良いかもしれません。
ここでは、ハイクラス求人を探すのにオススメの転職サイトBEST3を大公開します。

1位:せこかんジョブ

建設業界トップクラスの求人数を誇ります。測量士、年収700万以上で検索すると340件程求人がヒットしました。そのうち78件が非公開求人でした。

求人の内容を見ていると測量士のみでの募集ではなく施工管理(建築、土木、設備、電気、プラント等)の経験が必須で測量士の資格を持っていれば優遇されるというような求人が多いです。各求人の詳細を見てみると実際に働く人の口コミをみる事が出来ます。実際働いている人の声は転職で絶対に参考になります。また流石は業界トップクラスを名乗るだけあって求人数は多いです。

2位:エンジャパン(ミドルの転職)

CMでお馴染みのエン・ジャパンです。ハイクラス専用のミドルの転職というものがあります。このサイトの良いところは年収を選択出来る所です。一例として「測量士・年収800万以上」と検索すると6件程ヒットしました。

この検索方法では少ないですが年収を700万以上で検索すると55件増えました。検索欄の一番下に条件を変えると、どれくらい求人数が変化するか分かるようになっているので検索しやすいです。

3位:リクナビネクスト

先程も出たリクナビです。測量士の年収700万以上で検索すると33件ヒットしました。求人数はそこそこあるように感じます。ちょっと調べ方が他と違い、経験・スキルの項目に測量士を入れて検索すると33件、キーワードに測量士を入れると6件と検索に差が出てしまう所が難点です。

測量士の未経験の求人を探すなら

経験のある方だけしかチャンスがないのかというと、そうではありません。最近は人材不足や来年のオリンピックに向けて測量士も未経験での採用が増えています。

1位:マイナビ転職

未経験の求人が多いことで有名なマイナビ転職です。「測量士・未経験」と検索すると66件ヒットしました。思わず唸る程の求人数で流石と感じました。各求人詳細の下会社の魅力やインタビューの他、履歴書の添削や企業への質問が出来るアイコンがあり未経験者の痒い所に手が届く仕様になっています。

2位:リクナビネクスト

ここでも登場です。「測量士・未経験」と検索すると22件ヒットしました。マイナビ同様に各求人の下に企業への質問のアイコンがあり、似たような求人をいくつかピックアップしてくれているので色んな求人を見ることができます。

未経験の人に是非利用してもらいていサポートとしてグッドポイント診断です。これは、自分の強みやアピールを整理するのに打って付けのツールです。転職をするのであればご自身の強みやアピールポイントを整理しておくべきですし他のサイトでの転職サポートを受ける際にも役に立ちます。

3位:せこかんラボ

検索方法が簡単な所が最高です。「未経験・測量士」で検索すると2件ヒットしました。公開されている求人での検索なので非公開の求人数を含めると未知数です。測量士専門での求人なので土木や建築、プラントなどの業界と絡めて無料転職サポートに申し込むのがベストです。他を検索しなくてもエージェントが探してきてくれるので是非試してみましょう。

測量士として年収を上げるために出来ることは?

使ってみる求人サイトは分かったけど、実際に年収をあげるために何をしていけば良いのでしょうか? 絶対に押さえておきたい、行動ベスト3を伝授します。

資格を取る


まずは資格を取って対外的にスキルを証明する事が近道です。
測量士として資格は2つあります。国家資格の測量士と測量士補です。測量を行うためには資格を持った人しか実施することが出来ないため測量士として生活するのであれば取得しておかないといけないものです。

受験資格は特になく、誰でも年齢や性別に関係なく受験出来、難易度は測量士の方が高く毎年10%台です。

ただし次の場合は試験なしで資格を得られます。
認定大学を卒業し測量の実務経験が1年以上の人、認定短大、高校を卒業し実務経験が3年以上の人等です。
気になる資格手当は企業によりますが、測量士で6000円、測量士補で4000円程度が相場のようです。条件を満たしている方は資格が無条件で得られるのでお得です。

経験を積む

測量士として必要な経験としては、土地の正確な把握は勿論、測定器具、データを纏めるデスクワークまで多岐に渡ります。猛暑や寒波の中での計測作業や大量のデータ整理や複雑な作業になることもあるため根気や集中力が必要です。

またCADも使った業務もあるので長けていることも経験値として評価されます。これらの経験を積むことでデータの見方が鋭くなったりデータ処理や測定のスピード早くなります。
スキルアップをするのであればこの部分です。

エージェントに相談する

いわば転職のプロなので少し難しいかもしれない企業であっても交渉をしてくれたり、徹底した書類の添削や面接指導をしてくれるので有利に転職活動を進める事が出来ます。スキルに自信がある方は年収も加味した交渉をしてくれるので利用するべきです。利用は無料なので心配は不要です。

測量士の求人検索から、転職までの体験談

転職活動をしていると上手くいかない事も多くうんざりします。なかなか上手くいっていない方に向けて成功体験談をいくつか紹介します。転職に成功している人の進め方を参考に今後の活動を見直しては如何でしょうか?

体験談1: 経験者

町田さん(26歳)
前職:測量士
過去の転職回数:0回
経験年数8年
前職の年収:310万
平均残業時間:60~80

転職後
職種:測量士
年収:400万
平均残業時間:40

将来は測量士として独立したくて高校で在学中に測量士の資格を取得しました。前職では測量事務所で不動産会社からの依頼や大手のハウスメーカーの依頼で測量をメイン仕事をしていました。将来の夢である独立を考えると仕事の幅を広げる必要があったため土木関係の測量に転職したいと思ったことがキッカケです。

初めての転職だったのでエージェントに依頼して今の経験を最大限活かしてスキルアップできる求人を10社程紹介してもらいました。測量のスキルやCADの扱いについては結構自信があったので、エージェントと退職理由と志望動機に注力して対策しました。

10社の内の7社が面接に進み対策通りにアピールでき無事に内定を数社頂け条件が良くスキルアップ出来そうな企業に決めました。全力でサポートしてくれたエージェントには感謝しかありません。
転職して1年程経ちますが、日々成長を実感出来ています。

体験談2: 未経験者

橋本さん(28歳)
前職:機械設計
過去の転職回数:0回
経験年数5年
前職の年収:320万
平均残業時間:40~60

転職後
職種:測量士
年収:320万
平均残業時間:30〜45

前職では派遣として大手メーカで設計職として配属されました。
スキルアップが出来ない事に焦りすら感じるようになった4年目の春に何気なく転職サイトを見ていると建設業界で、やりがいのある仕事をしている人のインタビューや写真、手掛けてきたものを見て羨ましく感じました。

自分も地図に残るような仕事がしたいと思いながらもデータ処理の経験だけ唯一の経験で通用するのか?と疑問に感じていました。エージェントに相談し、測量士の資格を受けて再度転職活動することになりました。慣れない分野で勉強に1年を費やしましたが何とか一発合格し、再度転職活動しました。

資格の勉強のおかげで測量士に対する志望動機が以前より強くなり、上手くアピールすることができました。受ける所、内定を頂き選べる立場になり条件の良かった所に行く事に決めました。

勤めて半年程になりますが、毎日刺激的に過ごしています。

>> 無料で就職・転職について相談してみる!

体験談3: 高収入

西田さん(38歳)

前職:測量士
過去の転職回数:2回
経験年数8年
前職の年収:550万
平均残業時間:70~100

転職後
職種:測量士
年収:700万
平均残業時間:40

前職では、仕事が途切れる事なく、毎月多くの案件をこなしながら新人教育にも熱心に取組み人材育成に貢献していました。やりがいはあるものの、給料にみなし残業が50時間分は入っているだけで、それ以上の残業代はありませんでした。

残業がもらえないならと昇進を目指していましたが古い体質の企業で年功序列の風習があり能力は度外視でした。
子供も中学生になりお金がかかってくる年頃なので教育費のために貯蓄も考え転職を決意しました。

今までの転職経験から真っ先にエージェントに今のスキルで年収を上げられる所を探して欲しいと依頼しました。1週間もしない内に5社ピックアップしてくれ、どれも名だたる有名企業で驚きました。

5社の中で年収と福利厚生、残業時間のバランスが良いところから受けていくことに決めました。書類は全てパスし面接に挑むことになり、経験やスキル、退職理由をエージェントと相談し指導された通りにアピールし無事に内定を頂きました。

蓋を開ければ年収が上がり、残業時間も下がる結果となり前よりも良い環境で仕事ができ大満足です。

測量士の無料求人サポートを受けるなら

無料の求人サポートを受けるのであれば今回ケース別に紹介した求人サイトを試して頂きたいです。担当によって得意不得意があるので、ご自身の条件を汲んでくれる担当を探すことが先決です。

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「サービス残業が辛い。。」
「休みがない/連勤が辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の施工管理人口は減少傾向にあるので、施工管理として転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は施工管理のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の施工管理求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

土木/建築・施工管理の無料求人サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です