電気設計とは?仕事内容や年収は?

電気設計の仕事には設計図の作成などの様々な役割があり、また必要なスキルがあると言われています。ここではそんな情報はもちろん、その他にも年収や休暇まで幅広い情報を紹介していきます。

>> 電気設計の就職・転職について相談する!

電気設計の役割とは?

電気設計の仕事の役割とは、基本的に設計図の作成を始め、それに付随し空間の快適さの確保や安全性の確保をすることです。それでは、具体的にどういうことなのか、紹介していきましょう。

役割1:設計図の制作

電気を実際に使えるようにするためには、建物内に電気を引かなくてはなりません。しかしその工事を担当する業者だけの力では不可能です。そのため建物の設計図に対して、電気をどう配線するかを示した設計図を書く必要があります。

これがなくては何も始まらないと言っても過言ではありませんし、この仕事の役割の中でもかなり重要なものだと言えるでしょう。

役割2:空間の快適さの確保

電気設計の仕事には、建築物にて電気エネルギーを効率よく利用できるように設計し、快適な空間を作り上げるという側面が存在します。そのため前項でも紹介した設計図を制作する過程において、空間の快適さを確保するという事がその役割だとも言えることでしょう。

快適な空間、それを実現するためにはまず、目に見えて汚い部分が無いようにすることが大切です。そのためには例として、ごちゃごちゃした配線が無いようにしたり、なるべく壁の内側で処理をしたりといった工夫をすることができます。

またその他に光熱費のコストを減らすという事も、実際に利用する人にとっては間接的に快適な空間へとつながっていきます。そのため、よりエネルギー的に無駄のない設計をすることが求められます。

役割3:安全性の確保

私たちが普段何気なく使っている電気。しかしこれは、一歩間違えると重大な事故につながる危険なものです。電気設計の仕事の役割は、そんな電気を安全に使用できるように設計することです。

例えば日常生活で感電してしまわないように、見えないところでショートして火事を引き起こしてしまわないように、細心の注意を払う必要があります。地味な作業ではありますが無理のない配線ではないか、漏電の危険はないかといった視点から何度も設計図を確認することが欠かせません。

>> 電気設計の就職・転職について相談する!

電気設計に求められるスキルとは?

この仕事に求められるスキルは、まず第一に設計図作成力です。そのほかにもコミュニケーションや対応力も必要になってきます。

スキル1:設計図作成力

先程も紹介しましたが、この仕事では電気を実際の生活で使うために必要な設計図を作ります。そのためコストや安全性、もちろん法律などを考慮しなければなりません。法律違反のない設計図といった最低限の基準はクリアしたうえで、より効率的に組み上げられた設計図を作成する必要があります。

また、実際にその建物を利用する人々が便利に、また快適に過ごせるよう工夫する必要もあります。法律や安全に気を使っただけのものが、真の意味で使いやすさとは限らないからです。そういった意味では想像力も大切なスキルの一つかもしれませんね。

スキル2:コミュニケーション能力

電気設計の仕事にはコミュニケーション能力が必要です。普段の業務にて、ただ黙々と設計図を作ることができるかというとそうでもありません。なぜなら、発注者の意向をしっかりと反映させた設計図を作らなければならないからです。だからこそ発注側とのコミュニケーションを密にとり、より完成度の高い設計をしていくことが求められています。

スキル3:現場での対応力

また、現場での対応力も身に着けるべき重要なスキルと言えるでしょう。設計図を見て実際に現場で仕事をするのは、施工者の方々です。もちろんその方々にもわかりやすい設計図を作ることが大前提です。社内にて正確な設計図を書くことは、普段の業務から欠かすことは出来ません。

しかしどれだけ気を付けていても、どうしてもトラブルは発生してしまうことでしょう。例えば設計図の意図が伝わらなかったために施工不良が起こってしまったり、配線の関係が実現不可能であることが現場で判明するかもしれません。

そういった事柄にも電気設計に従事する者として、適切に判断する力と知識が必要です。現場からの要請を受け、実際にどんな問題点があるのかを把握し、正確な指示を出せる対応力が必要なのです。

>> 電気設計の就職・転職について相談する!

電気設計の働き方は?

この業界では一年間で、仕事の量に波があります。そのため時期によって働き方は変わってきますし、トラブル等によっても変化します。ここからはそんな仕事の、細かい流れや休暇などについて紹介していきます。

電気設計の1日の流れは

8:00
出社し、一日のスケジュールを確認します。この時にどの時間帯で誰と連絡を取るかなど、具体的な内容まで確認することが必要です。

8:30~12:00
発注者の意見を参考に電気設計を行います。しかし、もし前日に終えれていない業務があればそちらを優先します。

12:00~13:00
昼休憩です。

13:00~ 
日にもよりますが、発注者のフィードバックを受けて設計の修正をするなどがメインの業務です。また他には、午前に行った設計を元に施工業者との打ち合わせやトラブル対応を行ったりもします。

18:00 
終業の時間です。特別トラブルがないかを確認し、翌日の仕事をチェックしてから帰宅します。繁忙期でなければ大体この時間に帰宅できます。

>> 電気設計の就職・転職について相談する!

電気設計の休日や休暇は?

基本的な休みを確保している会社が多いようですが、その実情はどうなっているのでしょうか。

ケース1:通常時

通常の時期には基本的にカレンダー通りの休みを取ることが可能です。上記のスケジュールの様に日々仕事をし、家ではプライベートな時間を持つ余裕があります。ですので後述の繁忙期に入る前にしっかりと英気を養っておくと良いでしょう。

ケース2:繁忙期

今回繁忙期とは、建築の現場全体で仕事が多い時期のことを指します。具体的に三月末や九月末になりますが、電気設計の仕事は設計の段階なので全体の傾向としてはこれよりも少しだけ早く繁忙期が回ってきます。

この時期ではそもそも受注数が多いので、どうしても仕事が多くなる傾向にあるようです。受注先の都合により仕事の忙しさがかなり左右される不安定な時期です。

ケース3:夏季や年末年始

こういった休日が保証されている場合が多いです。しかし他の業者との兼ね合いもあるため臨機応変な休みとなる場合もあります。

電気設計の仕事が激務と言われる理由

電気設計が激務だと言われる理由、その実態を紹介していきます。

本当に激務なの?

どうやら激務であることに間違いはないようです。電気設計の仕事をしている人たちの中には、毎日寝る間を惜しんで働いている人が数多くいます。時期によっても異なりますが、数々の設計をこなしていくため、忙しいときにはプライベートを削る覚悟も必要かもしれません。

激務と言われる理由は?

基本的にこの仕事は最悪命に係わる責任のある仕事です。なので一切手を抜けません。その一方で繁忙期を始めとしてオールシーズンにわたり、仕事の案件は日々舞い込んできます。それらを一つ一つ丁寧にこなすためにはかなりの時間が必要です。

そのため満足な休暇を取れなかったり、残業をして遅くまで業務に取りかからなくてはいけなくなります。また他にも発注者や施工者との連絡に割かれる時間が長引いて、時にプライベートを圧迫することがあります。そのため疲労がたまりやすく、結果的に激務と呼ばれてしまっているようです。

電気設計の年収は?


ところで年収はどれくらいなのでしょうか。会社によってまちまちではありますが、平均的な数字をまとめてみました。

年齢別

電気設計の年収について、現在出ている求人を参考に年齢別の傾向を調べました。

その結果から平均として、
20代:400万円
30代:500万円
40代以上:600万以上
となっていることが分かります。

もちろん雇用形態や会社の規模によっても変わってきますが、一つの目安として参考になるでしょう。

経験年数別

同じく求人の傾向から経験年数別の年収も見えてきます。

未経験~10年目:400~500万円程度
15年目:~550万円
20年目以降:600万円以上

平均的な傾向は以上の通りですが、規模の大きな会社ならさらに多額の年収も見込めます。

電気設計の将来性は?

将来性はあると言えます。この先の未来、人類はますます電気を必要とした生活をしていくことは、火を見るより明らかです。そうした生活を支えるためにも、高い専門性を有した電気設計の仕事は必要不可欠になります。

実際に求人の状況を調べてみても、全国的に常に1,000件を超える求人が出ています。そのことからも需要があり、将来性に富んだ職業だと伺うことができることでしょう。

電気設計の年収をあげるには?

やはり年収は高くて損はないもの。ここではそのために何が必要か、すぐに行動に移せるポイントを三つ紹介していきます。

資格をとる


この仕事をするにあたり「電気工事施工管理技士」と「建築士」の資格はあると便利です。どちらも電気設計の仕事をするうえで、より責任のある仕事をするために有効です。

「電気工事施工管理技士」を取る場合、一級と二級が存在します。しかし初めからこの資格の取得を目指すよりも、まずは「第二種電気工事士」塔の資格を取得し、その後「電気工事施工管理技士」を目指すケースの方が多いようです。

また「建築士」の資格を取得するメリットとしては、法的に制限されている防災関連の設計も自身で出来るようになることがあげられます。この資格があれば携わることができる仕事も増え、確実なキャリアアップへと繋がる事でしょう。

経験を積む

経験を積むというのは着実に収入を増やす方法です。どの業界でもいえることですが、やはり経験が多いという事は信頼の証。だれしもが未経験の人より経験者に仕事を頼みたいことでしょう。

そのため電気設計の普段の業務を通じて、どのような設計図が要求されているのか、どうすれば便利になるのかなどの具体的な感覚を身に着けていくことが必要になります。また感覚だけではなく、現場に対する対応や、実際に設計図を作る経験を積むことが大切です。

そうすることによって仕事のクオリティが上がり、信頼の必要な仕事を受注してもらえることにつながります。その結果、信頼に見合った年収を受け取ることができるでしょう。
収入を増やしたい人は実務経験を堅実に積みつつ、資格取得の勉強をすることをお勧めいたします。

転職をする

転職をするという事も大きな選択肢の一つです。特に電気設計の仕事は慢性的に人不足、どこの企業も人材を探しています。今勤めている企業よりも給料が良い、休みが取れる、などといったより良い条件を提示している企業もあることでしょう。

転職して本当に暮らしが豊かになるのか、仕事内容に給与が見合っているのか、などを検討したうえで一歩踏み出してみるのも時には大切です。

>> 電気設計の就職・転職について相談する!

最後に

いかがでしたでしょうか?電気設計の仕事の実態が少しでも伝わったのなら何よりです。さてこの仕事にはもちろん、大変な事がたくさんあります。しかしそれ以上にやりがいが多い仕事です。影ながらではありますが、人々の豊かな生活を支える大切な仕事です。

もし興味があれば、この道への第一歩を踏み出してみてはどうでしょう。きっと、あなたのやりたいことがそこにはあるはずです。

年収UPさせる!土木/建築業界のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!土木/建築業界のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」「サービス残業が辛い。。」「休みがない/連勤が辛い。。」などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の土木/建築業界の需要は増加傾向にあるので、土木/建築業界に転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は土木/建築業界のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の電気工事士求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方・入社後に後悔したくない方は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

土木/建築業界の無料求人サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です