設計管理の転職!成功する転職と失敗する転職の違いは?

ここでは設計管理職として転職したいと考えている人に向けて上手な転職活動の仕方を紹介しています。
建築業界にお勤めの方や、そうでない方も、より良い環境や収入を求めて、転職活動をすることもあるかと思います。ここでは設計管理の転職活動を成功させる為に、転職活動において知りたいポイントを順に解説したいと思います。

設計管理の転職理由は?


転職理由は人によって様々だと思いますが、ここでは転職の際に良く聞く理由というものを、ポイントを絞って紹介します。

やりたい仕事内容と違う

良くあるのがやりたかった仕事の内容との相違です。本当は現場の効率を考えつつ、建物の納まりなど建物がより良い形で完成を目指したり、さまざまな建築の詳細な納まりを仕事を通して学びたいと思っていても現実は担当する案件が多すぎて現場をじっくり見る事ができないことが多いです。また、業務がマニュアル化されていてそれ以上のことは学べないなど、思っていた仕事内容と違うということで転職される方が多いです。

労働環境

人手不足により、多数の現場を掛け持ちすることで、長時間労働になる話はよく聞く話です。上司に掛け合って、人を増やしてもらうなどの対応をとり、1人の現場数を減らしながら労働時間の改善を目指しましょう。
それでもいつまで経っても改善しないならば、転職活動の際に長時間労働を防ぐ対策をとっている会社も多数ありますので転職することを視野に入れてみてもいいかもしれません。

給与

先程の長時間労働に付随してくるのですが、長時間労働でもそれだけお給料が高ければ辞めずに続けている方も多いです。実際、設計管理の仕事は給与が高い会社が多いです。
ですが、どれだけ働いても給料が上がらないならば一度労働組合に相談してみましょう。何もしないよりは改善がはかれると思います。また、実力やスキルがあるのであれば、上司と相談して、給料の交渉をすることもオススメします。それでもどうにもならない場合は給料がより高い求人を探し、転職をしてみることも考えてもいいかもしれません。

設計管理の転職の悩みは?

設計管理の仕事は多くの場合が人手不足により残業や休日出勤などがあり、忙しさから、転職の準備や求人の精査が疎かになることが多いです。
また、自分で探すと良い求人かどうか情報が少なく、判断しかねる場合も多いです。

設計管理のおすすめ転職時期は?

転職活動の時期は現在働いている会社の閑散期を狙うことです。転職活動に集中するため、時期は会社によって異なりますが、決算後や年始などは比較的仕事が落ち着いていると言えますのでその時期を狙って活動しましょう。

設計管理から他職種への転職は?

設計管理は、建築現場のことを良く知っているため、建築業界では潰しのきく職種だと感じます。筆者の職場でも、設計管理の仕事から設計職への転職をとげた方もいらっしゃいます。

現場を良く知っているため、設計段階での納まりなど、良く知っているため重宝されています。

設計管理の転職でよくある失敗事例

転職というものは自分の人生に大きく影響を与えるものですので失敗は避けたいものです。ここでは失敗を未然に防ぐために、転職でよくある失敗例を挙げたいと思います。

失敗事例1:給与だけで転職する

良くあるのが給与が良いからとその求人に飛びつくことです。これは給与自体は良いのですが、それには長時間労働や休日出勤など、かなり過酷な環境だったりすることがあります。
総合的に、労働に対して給与があまり見合っていないということも発生してしまうことがあります。
あまりにも給料が高い場合には、面接時に労働時間なども聞いてみましょう。また、あえて面接の時間を遅い時間に設定してもらい、オフィスを見れるのであれば、どのくらいの人が遅い時間まで残っているのか、確認してみるのも手です。

失敗事例2:書類選考に通らない

転職活動の際には必ず書類選考があります。ここを通らなければ選考にすら進めません。良く聞くのが、時間がない中で作成した履歴書や職務経歴書は事実を羅列しただけで、会社に自分をアピールできるものになっていないことが多く、転職活動を始めたものの、書類選考が通らないということを良く聞かれます。
そのため、履歴書や職務経歴書には特に時間をかけて丁寧なものを提出するように心がけましょう。書類の書き方として、事実を羅列するだけではなく、自身の実績や今までに取得したスキル(建物の部分詳細が書ける、使用できるソフトやCADなど)を記載し、企業に自分をアピールするように書くと書類選考の通過率も上がります。
また、第三者に客観的な視点でチェックしてもらうことも自分では気づけない点を指摘してもらえるためオススメです。

失敗事例3:プロを活用しない

転職活動の際には転職エージェントといって、企業と転職者を繋いでくれる転職のプロを使うことが多いです。(筆者自身もこのサービスを利用し、希望の会社に入社することができました。)

自身で求人を探して、誰のアドバイスも受けずに書いた履歴書や職務経歴書で書類選考に出して落ち続けることで、転職活動自体が長期化します。転職活動が長期化してくると、転職への熱意も下がり、自信も無くなってくるため、活動期間の長期化を防ぐために、転職エージェントを利用しましょう。

求人のことについても詳細に教えてくれたり、面接や面談の取り付け、職務経歴書や履歴書の添削、企業との条件の交渉などを行なってくれるのでスムーズに転職できます。

設計管理の転職成功事例

ここでは実際に転職をした方の体験談をいくつかご紹介します。

体験談1

建築施工管理技師やりがい
【転職前の状況】
・名前;鈴木さん
・年齢;25歳
・職種;地元工務店の設計管理職
・学歴;4年制大学卒
・過去の転職回数;0回
・勤続年数;3年
・直近の年収;320万円
・平均残業時間;80時間

【転職活動の詳細】
・転職活動のやり方;ハローワーク
・転職活動期間;5ヶ月
・応募数、内定数;3社中1社
・転職結果;地域密着中堅ハウスメーカーの設計管理職
・転職後の年収;420万円 
・転職後の平均残業時間;30時間

【転職を決めた理由】
地域密着の小さな工務店の設計管理の仕事をしていましたが、連日深夜まで仕事をしているにもかかわらず、サービス残業であるためなかなか年収が増えない事と、労働環境の改善のため転職を決意しました。

【転職後の状況】
転職活動は仕事を続けながらでしたので、仕事を調整しつつ、履歴書や職務経歴書の作成などの書類作成準備をしていました。そのため、仕事の合間をぬって面接に出向いていたのでかなり大変だったことで転職活動も長期化しました。

その後内定をいただくまでに5ヶ月もかかってしまいましたが、最初の希望通り残業の規制がしっかりしていて、サービス残業禁止の社員の勤怠管理に関して厳しい会社に巡り会うことができました。今では年収も100万円ほど増え、満足のいく結果となりました。

【もっとこうしておけばよかった】
私のように就職活動が長期化すると転職に対してモチベーションが下がります。仕事をしながらの転職活動は想像以上にパワーを要したのでもっとプロの転職エージェントなどを利用して、就職活動を効率よく進めていけば良かったなと思いました。

体験談2

【転職前の状況】
・名前;岡田さん
・年齢;29歳
・職種;ハウスメーカーの営業職
・学歴;4年制大学卒
・過去の転職回数;0回
・勤続年数;7年
・直近の年収;600万円
・平均残業時間;20時間

【転職活動の詳細】
・転職活動のやり方;転職サイト
・転職活動期間;3ヶ月
・応募数、内定数;10社中3社
・転職結果;地域密着中堅ハウスメーカーの設計管理職
・転職後の年収;450万円
・転職後の平均残業時間;20時間

【転職を決めた理由】
住宅営業を新卒で入った会社で長年やってきましたが、長年やってきたということもあり、仕事に良い意味でも悪い意味でも慣れてしまい、新鮮味がなくなってきました。

また、毎月実績が0になり、1からお客様を確保するということの繰り返しで、実績や知識をを少しづつ積み重ね、スキルや経験として残る仕事をしたいと思ったため、転職することにしました。

【転職後の状況】
希望の職種にはつけましたが、未経験ということもあり、収入が下がってしまいました。経験を積んで独り立ちするまでは以前より低い給与ですが、スキルや経験を積んでいける仕事をしたいと思っていましたのでその希望は叶ったので全体的には満足しています。

【もっとこうしておけばよかった】
今回の転職活動で収入が下がってしまいましたが、転職エージェントを使えば給料の交渉なども行ってくれたのかなと、転職活動が終わった今、考えることがあります。これから転職活動を行う方にはぜひ転職エージェントの転職サービスを利用することをおすすめします。

体験談3

【転職前の状況】
・名前;田中さん
・年齢;35歳
・職種;大手ゼネコンの設計管理職
・学歴;大学院卒
・過去の転職回数;0回
・勤続年数;11年
・直近の年収;700万円
・平均残業時間;100時間

【転職活動の詳細】
・転職活動のやり方;転職エージェント
・転職活動期間;1ヶ月
・応募数、内定数;5社中3社
・転職結果;大手ハウスメーカー設計管理職 マネジメントする立場として入社
・転職後の年収;850万円
・転職後の平均残業;30時間

【転職を決めた理由】
大手ゼネコンでバリバリ設計管理をやってきましたが、長時間残業により、家族との時間もろくに取れないことを悩み、転職を決めました。

【転職後の状況】
もともと給料が良かったので、この給料を下げたくありませんでした。給料を下げずに働く環境を改善できるかが一番のポイントでした。
転職にはエージェントを利用したのですが、自分に合った求人をいくつか紹介してくれたことで自分で求人を探す手間が随分と省けましたし、本当に良質な求人しかなかったので安心して面接に挑むことができました。書類作成の時も添削やアドバイスを受けることができ、そのおかげでどの会社も書類選考はスムーズに通過しました。また、無事内定をいただいた時もエージェントの方が企業に私の経歴を話し、交渉してくれたおかげでなんとマネジメント職として入社することができ、年収がさらに150万円も上がりました。労働環境改善という目的のために転職エージェントが条件に見合った求人を提示してくれたため、数社に絞って転職活動をしたため、活動の期間も短かく終えることができました。今では残業も月30時間程で家族との時間も多く持つ事ができました。

【もっとこうしておけばよかった】
転職をする事で長年悩んでいた長時間労働から離れることができ、もっと早く転職活動をすれば良かったと思いました。

最後に

設計管理とは、長く携わるほど、仕事の知識や経験が生きてくる仕事で、とても奥が深い仕事です。また、自分が手掛けた仕事が長い間地図に残る仕事ということもやりがいを感じられることの一つであると思います。今、設計管理に携わっている人も、そうでない人も、現状の職場環境や給料に不満がある方は、転職するといった手段もあるということも視野に入れてみてはどうでしょうか?

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!土木/建築・施工管理のお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「サービス残業が辛い。。」
「休みがない/連勤が辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本の施工管理人口は減少傾向にあるので、施工管理として転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私は施工管理のお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる
というメリットがあります!

ちなみに以下の無料相談窓口は、全国の施工管理求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

土木/建築・施工管理の無料求人サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です